コニカミノルタ

コニカミノルタについて

グリーンマーケティング

物流でのCO2削減

物流にともなうCO2排出量を削減するには、輸送の効率化や環境負荷の少ない輸送手段を選ぶ必要があります。コニカミノルタでは、ワールドワイドで物流拠点・ルートの最適化による輸送距離の短縮、積載効率の向上によるコンテナ数の削減などを進めることで、物流活動に起因するCO2排出量の削減を進めています。

主な取り組み

輸送コンテナ積載の効率化(最適化)

コニカミノルタでは輸送コンテナ積載の効率化により輸送時のCO2削減を行っています。
欧州では、ドイツを拠点として欧州各国に向けた情報機器製品の配送を行っています。配送には主に輸送コンテナを使用していますが、製品の大きさや形状はさまざまで日々数量も変化するため、輸送コンテナへの積載効率の向上が課題の一つです。そこで、積載シミュレーションプログラムを導入することで積載効率向上を図っています。
さらに、2016年度は日本で製造し中国、アセアンの工場に輸送する情報機器製品用の部品に着目し輸送コンテナへの積載効率の向上を行いました。

モーダルシフト(輸送手段の変更)の推進

コニカミノルタは、製品やパーツの長距離輸送手段を、航空機やトラックから、船舶や鉄道などCO2排出量の少ないものに切り替えるモーダルシフトを進めています。
例えば欧州では、オランダ・ロッテルダム港からドイツ・エメリッヒの拠点倉庫への輸送手段として、ライン河を航行するバージ船を使用しています。また米国では、西海岸にあるロサンゼルス港から内陸部、東海岸に貨物を輸送する際、鉄道を利用することでCO2排出量の削減を図っています。

物流ルートの見直し・物流拠点の集約

物流拠点の再編を行うことで、物流活動に起因するCO2排出量の削減を進めています。
2016年度も昨年に引き続き、中国の製造拠点からワールドワイドに出荷している情報機器製品とサービス用部品の物流拠点を集約することで物流の効率化を図りました。また、日本国内の物流についてもLLP(リード・ロジスティクス・プロバイダー)の積極的な活用により、物流拠点・ルートの見直しや他社との共同輸送など戦略的に物流の効率化に取り組みCO2排出量の削減を進めました。

ミルクラン(巡回集荷)

ミルクランとは、牛乳業者が複数の牧場を回って牛乳を集めることに由来する名称で、製造業では、各部品メーカーから個別に納品を受けるのではなく、複数のメーカーを巡回して集荷する輸送方式を指します。
コニカミノルタでは、情報機器の部品メーカーが集中する中国・江蘇省の無錫市近郊でミルクランを採用しています。これにより、トラックの走行距離が相対的に減少し、CO2排出量の削減につながります。
また、部品を段ボールでなく専用の通い箱に入れて輸送することで、廃棄物の削減にも寄与しています。

共同輸送

国内販売会社のコニカミノルタジャパン株式会社は関東・甲信越エリアにて、設置作業を含めたビジネス市場向け商品の共同配送をエプソン販売株式会社と行っています。この取り組みにより、高品質な納品・設置作業でお客様の満足度向上につなげるとともにCO2排出量削減にも貢献しています。

ページトップへ戻る