福利厚生・働き方

福利厚生

リフレッシュ休暇

入社10年以降、5年単位をライフサイクルの節目とし、リフレッシュ休暇、および特別ボーナスが付与されます。

育児休業・育児時短制度

男女問わず最長で2年間取得する事が可能です。(男性の育児休職取得実績あり)
また、子供の小学校卒業まで短時間勤務(最大2時間の就業時間の短縮)をすることができます。

介護休業・介護短時間勤務制度

1事例に対し、最長で1年間取得することができます。
また、介護休職と合わせて通算5年以内の短時間勤務をすることができます。

自己啓発支援制度(資格取得支援制度、通信教育費用補助など)

資格取得を通して従業員がキャリアアップを図り、自身のモチベーションを向上させるために会社推奨の資格を取得した場合、一時金が付与されます。
また、通信教育の一部について、費用補助を受けることができます。

働き方(ワークライフバランスの実現)

コニカミノルタ情報システムでは、従業員一人一人が心身ともに健康で、仕事に対する「やりがい・働きがい」を持つために、限られた時間の中でも創造性を発揮し、最大限のアウトプットを引き出せる働き方改革に取り組んでいます。

フレックスタイム

コアタイム(10:30~15:10)をはさみ、社員は自主的に出退勤時刻を選択し勤務することができます。

裁量労働制

一定基準に達した社員は仕事の進め方や時間の使い方を本人に大幅に委ねられる裁量労働制を選択することができます。

定時退社日(毎週水曜日)の設定

ワークライフバランスの実現を図るため、毎週水曜日と金曜日を定時退社日と設定しています。
特に水曜日は全社員へメールを発信し、定時退社を促しています。

20時以降在社原則禁止

業務効率化・生産性向上、また、ワークライフバランスを支援するために、20時以降の在社を原則禁止としています。

リモートワーク

場所と時間を従来以上に柔軟に選べる働き方であるリモートワークを導入しており、社員は自宅やコニカミノルタグループ最寄サイトで仕事をすることができます。

フリーアドレス

座席を特定の個人に割り当てずに、社員が自由に働く場所を選択できるフリーアドレスを導入しており、社員は空席のどこでも仕事をすることができます。


社内はフリーアドレスで開放的に仕事ができます。


コンセントレーションコーナーと呼ばれるコーナーにはデスクトップパソコンも用意。


ファミレスブースと呼ばれるスペースで、打合せもリラックスして行っています。


集中して作業したいときは個別ブースを利用できます。

ページトップへ戻る