ご挨拶

持田啓介

コニカミノルタプラネタリウム株式会社 代表取締役社長

最近、夜空の星を見上げたことがありますか?

無限の大宇宙への憧れや怖れは探究心や冒険心を育み、科学の進歩に貢献してきました。また、夜空に輝く星に自らの夢や心の想いを重ねる人も多いかと思います。広大な宇宙空間は時として感動や癒しをもたらし、人の琴線に触れ情操を豊かにします。

本物と同じような星空の再現を目指して、コニカミノルタが国産初のプラネタリウムを完成させたのは1957年のことです。それ以来、先駆者としての情熱と技術によって満天の星々を映し出し、無限の大宇宙との接点へと皆さんをお招きしてきました。最新のプラネタリウムでは、私たちのこだわりである“漆黒の夜空に輝く星”のリアルさと共に、デジタル映像技術との融合によって様々な映像体験をお楽しみいただけます。

私たちは、機器や上映コンテンツを各地の施設に提供するとともに、プラネタリウムメーカーとしては世界で唯一、一般のお客さまを対象としたプラネタリウムを自ら運営しています。「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」(東京・池袋)、「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン®」(東京・押上)に加え、2018年12月には、ツインドームとVR施設、カフェなどを備えた「コニカミノルタ “プラネタリア TOKYO”」を東京・有楽町にオープンいたしました。

これら直営館では、人気アーティストとのコラボレーションによって楽曲の世界観を表現した星空や映像をお楽しみいただける作品や、香りで癒される“ヒーリングプラネタリウム”を上映するなど、プラネタリウムの新しい楽しみ方を提供し続け、累計で800万人を超えるお客さまに体験していただきました。さらに、最新の“プラネタリア TOKYO”においては、“宙(そら)と大切なコトに出逢う”場をコンセプトに、演劇や音楽との融合、各種イベントの企画・演出、ドリンクを傾けながらの星空観賞など、これまでになかったようなプラネタリウム・全天周映像の楽しみ方をご提案しています。


映像の可能性は宇宙と同じように無限に広がっています。私たちコニカミノルタプラネタリウムは、「新しい価値の創造」を企業理念として掲げるコニカミノルタグループの一員として、技術はもちろん提供サービスのイノベーションによっても社会に貢献できる存在となることを目指し続けます。

ページトップへ戻る