現在地:
コニカミノルタ 日本
ピンクリボン運動
乳がんQ&A
Q2 乳がん検診って、何歳くらいからどれくらいの頻度でいけばいいの?
content

乳がんQ&A

検診について

Q2
乳がん検診って、何歳くらいからどれくらいの頻度でいけばいいの?

2004年に厚生労働省から、40歳以上の女性に2年に1度の検診(視触診とマンモグラフィーの併用)を実施するという指針が出されました。また、医療機関では年齢によって有効性が異なるとして、超音波検査を併用することもあります。マンモグラフィーは全体像が把握でき、最も精度の高い検査方法とされていますが、まだ乳腺の発達している世代では、しこりを見つけるのが難しい場合があるためです。乳がんにかかる人は30代から増加し始めますので、30歳になったら、どのような検診を受けるべきか医師に相談して、ぜひ検診を受けてください。
検査は一度やればよいのではなく、続けることが重要です。合わせて、20代を含めたすべての女性にぜひ行っていただきたいのが、セルフチェック。定期的な検診が早期発見につながります。 Q&A 「マンモグラフィと超音波検査(エコー)の違いは?」 乳がんを見つけるには

乳がんQ&A一覧ページに戻る

ページトップへ戻る