現在地:
コニカミノルタ 日本
ピンクリボン運動
乳がんQ&A
Q3 乳がんになりやすいのはどんな人?
content

乳がんQ&A

乳がんってどんな病気?

Q3
乳がんになりやすいのはどんな人?

最も大きなリスク要因は遺伝的なものです。乳がんを発症した人の5~10%は、遺伝的に乳がんを発症しやすい体質をもっていると考えられています。それ以外の多くの人(90~95%)は、食生活など、遺伝以外の環境因子の影響が複雑に関与して発症していると考えられます。

また、乳がんは一般的に次のような人がなりやすいといわれています。
・初潮年齢が早かった方(11歳以下)
・出産経験のない、または初産年齢が遅い方(30歳以上)
・閉経年齢が遅かった方(55歳以上)

これは、乳がんの発生には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響しているためです。エストロゲンは女性の体を作るための重要な働きをしているホルモンですが、分泌されている期間が長いほど、乳がんのリスクが高まるのです。妊娠・授乳期には分泌が止まるため、それだけリスクが減ることになります。閉経後はエストロゲンの分泌が止まりますが、別のホルモンが脂肪組織でエストロゲンに変わります。したがって、閉経後の肥満もリスクの一つです。

日本では、乳がんにかかる人は30代から増加し始め、50歳前後をピークとして減少する傾向にあります。しかし、20代でも、閉経後でも乳がんになる場合があります。年代にかかわらず、乳がんの危険性を認識して、セルフチェックを続けることや検診を受けることが大切です。


出典:国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』

乳がんを見つけるには

  • 乳がんと遺伝の関係は?

乳がんの5~10%は遺伝性であるといわれていますが、それを判断するには専門的な詳しい評価が必要です。また、ご家族に乳がんや卵巣がんを発症した方がいなくても、患者さんご自身が若年乳がんや、両側性・多発性の乳がん、男性乳がん、卵巣がんと乳がんの両方にかかったことがある場合などには、遺伝性乳がんの可能性があります。
遺伝性乳がんの可能性が疑われる場合、BRCA1、BRCA2などの遺伝子の検査を受けることが可能です。BRCA1、BRCA2とはがん抑制タンパク質を生成する遺伝子で、それらの遺伝子の変異は女性の乳がんと卵巣がんのリスク増加に関連します。
遺伝子検査は通常の採血で行うことができますが、遺伝子検査ですべての遺伝性の異常がわかるわけではありません。

遺伝子関連検査に関わるコニカミノルタの取り組み

乳がんQ&A一覧ページに戻る

ページトップへ戻る