現在地:
コニカミノルタ 日本
ピンクリボン運動
マンモグラフィー・乳房超音波検査とは
content

マンモグラフィー・乳房超音波検査とは

マンモグラフィーとは、乳房専用のX線撮影装置、つまりレントゲン検査を行う装置です。乳がんの初期症状である微細な石灰化や、セルフチェックではわかりにくい小さなしこりなどを検出することができます。 マンモグラフィーでの撮影は、放射線技師が行います。乳房を圧迫板とフィルムの入った板ではさみ、薄く延ばして撮影します。撮影は、左右それぞれ、上下と斜め方向から、計4回行われます (検診では斜め方向のみの場合があります)。

コニカミノルタのマンモグラフィー

マンモグラフィーの撮影から診断まで、コニカミノルタは乳がんの早期発見をサポートするシステムとソリューションを提供しています。

コニカミノルタのマンモグラフィー製品一覧

マンモグラフィーを変えたコニカミノルタの技術

A 位相コントラスト技術
コニカミノルタは、世界で初めて独自の位相コントラスト技術をデジタルマンモグラフィ―システムに導入し、 がん細胞周辺の微細な石灰化やしこりの縁を鮮明に写し出すことを可能にしました。

位相コントラスト技術

B コンピュータ支援検出
コニカミノルタ独自の検出アルゴリズムを採用した「NEOVISTA I-PACS CAD※1 typeM」※2は、簡単なボタン操作により、乳がんの特徴である石灰化や腫瘤(しこり)と類似する画像上のパターンを検出して表示し、読影を行う医師をサポートします。

※1 CAD :Computer-aided Detection (コンピュータ支援検出)
※2 販売名: マンモグラフィ診断支援装置 NEOVISTA CAD typeM

コンピュータ支援検出

クリックすると拡大表示されます。New Window

乳房超音波検査とは

超音波検査(エコー)は、超音波を出す「プローブ」と呼ばれるセンサーをあて、はねかえってくる音波を画像化して、乳房内部の様子を映し出します。乳腺密度の濃い若年層にも向いており、マンモグラフィーだけでは正確な診断がしにくい、乳腺の中に埋もれたしこりを検出することができます。超音波検査では、胸にあたたかいジェルをつけ、その上を小さな「プローブ」をすべらせて、左右の胸を調べます。

コニカミノルタの超音波診断装置

超音波診断装置「SONIMAGE HS1」は、コニカミノルタ独自のプローブ技術と画像処理技術の融合により、小さなしこりや、深い場所にあるしこりも鮮明に映し出します。


超音波診断装置 SONIMAGE HS1

ページトップへ戻る