現在地:
コニカミノルタ 日本
ピンクリボンとは
コニカミノルタの取り組み
content

コニカミノルタの取り組み

コニカミノルタは、乳がんへの意識を高め、早期発見の重要性を訴えるピンクリボン運動を支援し、世界各地でさまざまな活動を展開しています。

がんとの共生社会を目指すイベント「ネクストリボン2020」に特別協賛企業として参加

2020年2月4日 World Cancer Day に開催された、がんとの共生社会を目指すイベント「ネクストリボン2020」に特別協賛企業として参加をしました。
シンポジウム当日は、当社社長の山名が企業のがん対策とこれからの働き方をテーマとした鼎談に登壇し、プレシジョンメディシン(個別化医療)・早期診断の事業推進、社内での健康経営の実践や違いを力にするダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の体現について紹介しました。


アフラック生命保険(株)代表取締役社長 古出眞敏様(左)
と当社社長の山名(右)

写真提供:朝日新聞社

NPO法人BCネットワーク主催、コニカミノルタ協賛による乳がん経験者交流会を開催(日本)

浜松町ビルディング(コニカミノルタジャパン本社)にて、乳がん経験者のサポートを目的とした交流会が2015年度、2016年度と続けて開催されました。

2016年2月4日(土) 第6回乳がん交流会@東京浜松町

『乳がん患者から、経験者へのみち ~乳がん患者のストーリーと茶の湯でのひととき~』
約100人が参加されました。乳がん治療の最先端を走る専門医のご講演を頂いた後に、参加者による経験談トーク、医師を交えたディスカッションを通して、乳がん経験者とそのご家族・ご友人のみなさんが気軽に相談・交流できる貴重な機会となりました。

2017年2月4日(土) 第7回乳がん交流会@東京

『こころがつながる医療に向けて : 仕事・暮らし・子育て ~医師から患者へ。患者から医師へ~』
約140人が参加されました。乳がん治療の最先端を走る専門医、そして栄養士の方のご講演と、経験者によるトーク、医師を交えたディスカッションなど、前年度にも増して充実した交流会となりました。

詳しくはこちら NPO法人BCネットワーク

「ピンクリボン in 日野市2019」に協賛

2019年10月6日に東京都日野市のイオンモール多摩平の森にて開催された「ピンクリボン in 日野市2019」に地元企業の代表として協力しました。2020年と2021年は新型コロナウィルス感染拡大を受けて同イベントは中止となりました。

その他 2020年度 ピンクリボン/がん患者支援イベント協賛

NPO法人がんフォーラム山梨が主催した「第14回山梨がんフォーラム『がんゲノム医療の実際と感染症』」(2020年10月4日、山梨県甲府市)を中心とした「山梨がんサミット2020」の一連の企画に協力しました。
NPO法人BCネットワークが主催した「第1回乳がん治療情報オンラインセミナー@昭和大学病院」(2020年11月21日)に協力しました。
認定NPO法人乳房健康研究会「ピンクリボンアドバイザー制度」に協賛しました。

乳がん早期発見の重要性を訴える啓発活動を展開(中国)

コニカミノルタ(中国)インベストメント社と医療機器の販売会社であるコニカミノルタメディカル&グラフィック(上海)社は、乳がんの早期発見に向けた啓発活動を継続しています。これまで、女性特有の病気をテーマにした健康講座の開催や、2008年からの5年間に実施された「上海市一万人乳がん無料検診」に協力して1万枚のフィルムを贈呈するなど、さまざまな活動を行ってきました。
さらに、コニカミノルタをはじめとする日系企業7社が発起人となり、2008年10月、上海で「乳腺早期診断プロジェクト」が発足しました。これは、乳がんの発症率が高い35歳以上のホワイトカラーの女性従業員を対象に、各社が費用を負担して診断を実施するものです。2016年度には上海、北京と広州で実施し、約350名が受診しました。

ページトップへ戻る