現在地:
コニカミノルタ 日本
ピンクリボン運動
乳がんQ&A
Q2 マンモグラフィーと超音波検査(エコー)の違いは?
content

乳がんQ&A

マンモグラフィーってどんな検査?

Q2
マンモグラフィーと超音波検査(エコー)の違いは?

マンモグラフィーとは乳房専用のレントゲン検査で、圧迫板で乳房をはさみ、薄く引き延ばして撮影します。超音波検査とは超音波を出す「プローブ」と呼ばれるセンサーをあて、はねかえってくる音波を画像化して、乳房内部の様子を映し出します。それぞれに長所と短所があります。

  マンモグラフィー 超音波検査(エコー)
画像化できる範囲  全体の状態を把握できる △ 得られるのは部分的な情報
微細石灰化の検出  0.1~0.5mmの微細石灰化の検出が可能 △ 微細石灰化の検出は困難
しこりの検出 △ 乳腺が発達している場合、しこりの検出が難しいことがある  乳腺と乳がんのしこりの判別が容易

Q&A 「乳がん検診って、何歳くらいからどれくらいの頻度でいけばいいの?」 乳がん検診体験記

なお、最も精度の高い検査方法とされているのは、マンモグラフィーです。日本医学放射線学会やマンモグラフィ検診精度管理中央委員会などにより装置の合格基準が設定され、画像読影の判定基準も設けられています。また、検査技師のトレーニングや医師の読影講習会も全国規模で実施されるなど、精度管理のシステムが整っています。
一般的な検診ではよく用いられる超音波検査については、2007年から乳房検診での有効性を確認する試験(J-START)が開始されました。また、JABTS(NPO法人日本乳腺甲状腺超音波診断会議)により、検診を行う技師や医師を対象とする講習会が実施されています。今のところは検査技師や読影を行う医師の技量が問われる検査であると言われていますが、今後、精度管理が進んでいくことが期待されます。

乳がんQ&A一覧ページに戻る

ページトップへ戻る