恐竜の記憶

  • 時間:25分
  • 季節:四季
  • 対象:一般
  • 映像:全天周CG+全天実写映像
  • 制作年:2015年


©凸版印刷株式会社

韓国『国立果川科学館』で開催された2016 IPMF(2016 INTERNATIONAL PLANETARIUM MOVIE FESTIVAL IN KOREA)で当社出展した「Remains_of_the_Dinosaurs」(恐竜の記憶)がPOPULARITY AWARDを受賞致しました。 大会WEBはこちらNew Window (韓国語ページになります)

あらすじ

静まり返った夜の博物館——。
地球の長い歴史のなかで誕生した数多くの生物が眠っているなかで、ひときわ目を惹く存在、「恐竜」。
彼らの真の姿とは? その生態は?
そして彼らは本当に滅んでしまったのか・・・?
遥かなる時を越えて、科学が呼び起こす恐竜の記憶。

ポイント

凸版印刷と国立科学博物館が共同開発した、「恐竜」をテーマにした体験型学習コンテンツ『V×R(ブイ・アール)ダイナソー』。
本作品は、それをコニカミノルタの全天周映像投映システム向けに編集し、プラネタリウム作品として制作したものです。
国立科学博物館が収蔵する、ティラノサウルスとトリケラトプスの骨格標本を精確に三次元デジタル計測し、学術的監修のもとにバーチャルリアリティ映像としてコンテンツ化したトッパンVR作品の立体感と奥行きのある高精細映像を、平面スクリーンでは得られない大迫力の全天周ドームスクリーンに投映いたします。
大人も探究心を掻き立てられる、本格的な科学作品をお楽しみください。

サンプル映像

本ホームページに掲載中の画像・音声・シナリオ・文章はコニカミノルタプラネタリウム(株)
またはその他の著作権者が著作権を有しています。
無断で複製、掲示、配布することは著作権侵害となります。

プラネタリウム番組制作・販売についてのお問い合わせ

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせフォームからのお返事についてはお時間を要する場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせ

03-5985-1711

メールフォームによるお問い合わせ

ページトップへ戻る