有機EL照明とは

有機ELってなに?

有機ELとは?

有機EL照明=OrganicLED

有機ELとは、「有機エレクトロルミネッセンス」の略です。簡単に言うと、特定の有機物に電圧をかけると、有機物が光る現象のことを指します。
有機EL照明は、英語ではOLED(Organic LED)と呼ばれ、その名通り発光原理はLEDと同様です。

なぜ光る?

有機層の厚みはk髪の毛の1000分の一以下

「電気」「光」に変える

有機物に電圧をかけて、2つの電極からそれぞれプラスとマイナスの電荷を持つ「正孔」、「電子」を注入します。
両者が発光層で出会うと、発光層である有機物はいったん高いエネルギー状態(励起状態)になります。
そこから、元の低いエネルギー状態(基底状態)に戻るため、有機層はエネルギーを光として放出します。

既存照明との比較

照明は「点」「線」「面」へと進化

既存照明との比較表

既存照明との比較表

コニカミノルタ有機EL照明の特長

写真フィルムやカメラの技術が進化した世界初、
フィルムタイプの照明
最大の特長は「薄い」「軽い」「曲がる」

innovation コニカミノルタ製カメラ、写真フィルム

紙のように「薄い」 照明の常識を超えた「軽さ」 照明なのに「曲がる」

紙のように「薄い」 照明の常識を超えた「軽さ」 照明なのに「曲がる」

製品の種類により仕様は異なります。

「薄い」「軽い」「曲がる」がもたらす
有機EL照明の価値の真髄とは?

ご紹介ムービー

有機ELディスプレイと照明の違い

有機ELディスプレイ

有機EL照明

  有機ELディスプレイ 有機EL照明
明るさ 人間が直接見るための光。
明るすぎるとまぶしく、目の疲労につながる。
ディスプレイのように、人が直接光源を見るのとは異なり、照明は人が見たいものを照らす必要がある。
従って、ディスプレイより、さらに明るさが必要。
3原色の純粋な赤緑青が基本。それらを組み合わせることにより、フルカラーを表現する。 物体の色を忠実に再現するために、照明は、太陽と同じような白色が基本。
しくみ 画像を作る必要があるため、小さなドット(ピクセル)を別々に光らせたり、消したりして制御する。 ディスプレイのように、小さなドットを別々に制御はしない。
照明をつけるか、消すかの切り替えのみ。

弊社では有機EL照明事業に特化した展開をしており、有機ELディスプレイ事業の展開はございません。

弊社有機EL照明事業に関する各種お問い合わせ、ご要望等はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

PAGE TOP