照度計・輝度計

  • 光源の品質を高く維持する2つの光度計新登場。 色彩輝度計 CS-150/CS-160 輝度計 LS-150/LS-160
  • あなたの測りたい<光>は何ですか?
  • 2次元色彩光度計が生まれ変わる。

分光放射輝度計

多くのセンサで光源の色を分析

特長

放射輝度0.003 cd/m2という超低輝度領域までの測定性能により、10万対1のコントラスト測定が可能なポリクロメータ方式の分光放射輝度計です。

ピーク輝度 350cd/m2とした場合
用途

プラズマ・液晶などの各種ディスプレイの輝度、色度の測定

保守契約対象製品 無料貸出し
LED校正サービス

色彩輝度計

人間の目と同じ感度で光源の明るさと色味を測定

特長

分光フィッティング方式を採用することにより、ランプやディスプレイの輝度・色度・相関色温度を分光放射輝度計に迫る高精度で測定できます。

用途

LED, LCD, PDP, ランプや次世代ディスプレイの有機EL(OLED), FEDの分野における、R&Dや検査などでの輝度、色度、相関色温度の測定

保守契約対象製品
LED校正サービス

特長

ハンディタイプで使いやすい三刺激値タイプの高精度な色彩輝度計です。低輝度から高輝度までの広い範囲の輝度・色度・相関色温度測定ができます。
CS-150:測定角1°で測定範囲は0.01~999,900cd/m2
CS-160:測定角1/3°で測定範囲は0.1~9,999,000cd/m2

用途

ラボ用途からインライン用途、フィールド用途での各種ディスプレイ・照明の輝度(明るさ)、色度、相関色温度測定。

保守契約対象製品

特長

本ソフトウェアを使用することにより、パソコンから測定器を制御して、多彩なグラフやリストで測定データを表示、表計算ソフトへのデータ転送やコピー&ペーストなどができます。また、Professional版はさらに研究開発、品質管理で役立つさまざまなデータ管理、分析や評価が可能です。(制御対象機種:CS-100A、CS-200、CS-2000A/2000)

2次元色彩輝度計

2次元(面)で光源の色を測定

特長

各種ディスプレイや光デバイスの輝度むら・色度むらを短時間で効率よく測定します。測定から評価までの作業時間の大幅な短縮を実現します。

用途

各種ディスプレイ、表示体の輝度と色の測定。

保守契約対象製品 要PC

特長

2次元色彩輝度計 CA-2500に標準付属の専用ソフトウェアです。PCから測定器を制御して、測定からデータ分析、評価までを短時間で、簡単に行えますので、スマートフォン、タブレットPCなどの各種ディスプレイなどの開発評価や検査が効率よくできます。
また、前機種のCA-2000でもご利用でき、前ソフトウェアCA-S20wで測定・保存したデータも読み込みが可能です。

特長

2次元色彩輝度計 CA-2500/2000専用の別売付属品ソフトウェアで、ディスプレイのむらを人間の感性に近い定量評価ができます。ソニー株式会社で開発された「むらの定量評価手法」を用いることで、従来は目視で人間のカンや経験に頼っていたむらの評価を数値管理できます。
近年のテレビ・プロジェクタ投影面積の大型化や高精細化に伴い、表示部分の明るさむら・色のむら評価のために研究開発や品質管理での使用に適しています。

輝度計

光源の明るさを測定

特長

ハンディタイプで使いやすい高精度な輝度計です。低輝度から高輝度までの広い範囲の輝度測定ができます。
LS-150:測定角1°で測定範囲は0.001~999,900cd/m2
LS-160:測定角1/3°で測定範囲は0.01~9,999,000cd/m2

用途

各種ディスプレイ・照明の輝度(明るさ)測定

LS-150:やや広い面積の試料測定や低輝度光源の測定に適しています。
LS-160:主に小面積試料や遠く離れた距離の狭い測定エリアの測定に適しています。

保守契約対象製品

カラーアナライザー

ホワイトバランス、フリッカを測定

特長

被測定光源の波長分布にばらつきがあっても正確な測定を行うことが可能な、CIE等色関数※1に合致したセンサーを搭載したディスプレイカラーアナライザです。

用途

LED, LCD, PDP, 有機EL(OLED)など各種ディスプレイのホワイトバランス調整・検査。フリッカ調整・検査※2

※1
CIE等色関数: CIE(国際照明委員会)で定められた人間の目の感度に対応する、分光応答度。
※2
フリッカ調整・検査: フリッカ測定用に、専用プローブをご用意しております。

保守契約対象製品

色彩照度計

物体の表面を照らしている光の色を測定

照度計階級

JIS AA級、DIN Class Bに準拠

特長
  • 各種光源の演色性測定(Ra、R1~R15)に最適です。
  • 分光放射照度測定(360nm~780nm 1nmピッチ)、照度、相関色温度、色度、演色性評価測定が可能です。
  • 5回/秒の高速測定が可能です。(SDK使用時)
  • PC不要の一体型です。また別にPC用データ管理ソフトも標準装備しています。
  • 暗所視照度測定が可能です。明所視照度との比率S/P比の表示もできます。
  • 各種便利な測定機能を搭載しています。
    (連続測定・平均測定・タイマー測定・任意波長データ表示)
用途

LED、有機EL(OLED)など各種照明の演色性評価、相関色温度、照度の測定
各種光源のピーク波長、分光放射照度及び暗所視照度測定

保守契約対象製品 無料貸出し

LED校正サービス

照度計階級

JIS AA級に準拠

特長

光源の相関色温度(K)・色度(xy)・照度(lx)・三刺激値(XYZ)の測定だけでなく、主波長※1、刺激純度※2の表示も可能です。
標準付属品のソフトウェアを使用し、測定データを取り込むことで、自動的にLEDのランク分けをすることが可能です。

用途

LED、有機EL(OLED)など各種照明、プロジェクターの色度・相関色温度・照度・主波長・刺激純度の測定。

※1
主波長: xy色度上にて白色点と測定値の色度点の延長線とスペクトル軌跡(xy色度図の外縁部)との交点部分の波長。単位はnm(ナノメーター)。
※2
刺激純度: 色の鮮やかさを示す指標。白の数値が最も低い。

LED校正サービス

照度計階級

JIS A級、DIN Class Cに準拠

特長

光源の平均演色評価数、照度(lx)、相関色温度(K)、色度(xy)の測定及び表示が可能です。
カラータッチパネルや受光部の首振り機構を採用した、各種照明光源の演色性評価測定が簡単にできる分光タイプの演色照度計です。

用途

LED、有機EL(OLED)、蛍光灯などの各種照明の照度、色温度、演色性評価の測定
建築現場での光源チェック他

照度計

照らされているものの表面の明るさを測定

照度計階級

JIS AA級、DIN Class Bに準拠

本器は計量法の型式承認を本体と受光部一体で取得しています。
本体と受光部を分離して使う場合(ケーブル延長/多点測定)に対しては型式承認を得ていません。
型式承認番号は、本体と受光部双方の銘版に記載されている合番号が同一の組み合わせに対して適用されます。
特長
  • PWM調光された光源も正確に測定が可能です。
  • 簡単・安価に多点測定ができます。(2-30点)
用途

LED、有機ELなど各種照明の明るさ(照度)測定
 ・T-10A:標準タイプ
 ・T-10MA:ミニ受光部採用で狭い所の照度測定が可能。
 ・T-10WsA(コード5m)/T-10WLA(コード10m):水中照度測定・雨の日の屋外測定など

ページトップへ戻る