コニカミノルタ ランニングプロジェクトは、ジョギングをはじめたばかりの初心者から記録の更新を狙う本格的なランナーまで、走ることを愛するすべての人をサポートいたします。

  • ホーム
  • ランニングのためのトレーニング&サポート
  • ギャラリー
  • Facebook

ランニングを楽しもう | フルマラソンに挑戦!

  • STEP 01 完走を目指そう!
  • STEP 02 サブ5を目指そう!
  • STEP 03 サブ4を目指そう!
  • STEP 04 サブ3を目指そう!

STEP 01 完走を目指そう!大会から16~14週間前 ところでフォームって?

プリントアウトして、あなたの大会からのスケジュールを記入しよう!

  • Print

    月  日(  ) ~   月  日(  )

週3回トレーニングメニュー

Day1 ウォーキング 10分 + ジョギング 20分 + ウォーキング 10分
Day2 ジョギング 5km (ゆっくり)
Day3 ジョギング 45~60分 (自由なペース)

前回登場の距離を意識したトレーニングに加えて、時間を意識した練習を開始します。フルマラソンを完走するには、「速く」よりも、「長く」走れる身体を作ることが重要です。特にビギナーの方は、タイムへのこだわりを捨てる勇気も必要です。

まずは、45~60分のあいだで、自分の体力、コンディションに合った時間を設定してください。ペースは自由です。とは言え、スピードの上げすぎには注意しましょう。あくまで長時間動かすことができる身体作りが目的です。

ワンポイントアドバイス
正しいフォームとは?

「正しいフォーム」に関する質問は、市民ランナー向けの講習会で必ずと言っていいほど質問に挙がります。つまり、ランナーにとって永遠のテーマなのです。それは、一流のランナーでも同様で、日々フォームについては研究を重ねています。つまり、一言で理想の答えが出せるものではありませんが、フォームについて、ビギナーが「ここだけは注意すべき」という点をご紹介します。

1.基本はリラックス
あまりフォームを意識しすぎると肩に力が入ってしまい、長時間走り続けることができません。「リラックスして走れる姿勢であれば、あとは自由」くらいの意識を持ちましょう。腰の位置を高く意識したフォームで、目線は30mほど前方に置くのが理想です。
2.歩幅は小さめに
足への負担を避けるために、小さめの歩幅で走ることをお勧めします。筋力が弱いのに歩幅を大きくすると故障の原因にもなりますし、上下の揺れが大きくなって、足への負担に加えてスタミナの消耗にもつながります。小さめの歩幅で、リズミカルな走りを心がけましょう。
3.疲れたときのフォームをチェック
走りはじめはきれいでも、疲労とともにフォームは崩れがちになります。しかし疲れて余裕がないときに、自分のフォームの乱れに気づくのは困難でしょう。時には他の人の目でトレーニング後半のフォームをチェックしてもらうのも良いでしょう。
  • STEP 01 完走を目指そう!
  • STEP 02 サブ5を目指そう!
  • STEP 03 サブ4を目指そう!
  • STEP 04 サブ3を目指そう!
  • いざ世界へ! 走り続けるコニカミノルタ陸上競技部
  • コニカミノルタ ランニングプロジェクト YouTubeチャンネル

※Facebookにログインしていない場合は、Facebookの記事が表示されません。ご了承ください。

ページトップへ戻る