KONICA MINOLTA

衣類内温度計 モニシア

Column

New Article

婦人科系の万能ツボ「三陰交」

婦人科系の万能ツボ「三陰交」

ツボ刺激は、自分でもできて、副作用の心配もなく、おススメのセルフケアです。体にやさしい治療法と思われがちですが、押すとすぐトラブル改善に働く即効性の高いツボも多いので、不調を感じたら積極的に取り入れてほしいもの。そこで、今回は婦人科系の不調に効果的なツボをご紹介します。

経絡のめぐりをよくするツボ押しのメカニズム

そもそもツボとは何でしょうか。中国の医学において、人の体の中には「気・血・水」という、人が生きる上で必要な流れがあるとされています。気はエネルギー、血は血液、水は体液の流れ。これら全身を巡る体内の流れを「経絡(けいらく)」と呼びます。
そしてこの経絡上にあり、気や血が出入りするポイントを「経穴(けいけつ)」といいます。これが一般にいわれる「ツボ」なのです。
体内の臓器に直接手を触れることはできませんが、ツボを刺激することで、経絡を通じて体内の状態を改善するのがツボ治療なのです。

婦人科系のツボ「三陰交」

人間の体にあるツボの数は、WHO(世界保健機構)が認定しているものだけで現在、361あり、中医学で発見されたツボは1000以上あるともされています。
その中で、婦人科系の不調に効果的なのが「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボです。
三陰交は、足の内くるぶしの骨から指4本分上で、すねの骨のキワにあります。ここに親指を当て、残りの指で足をつかむようにしましょう。骨のキワに沿って、親指でそのあたりをまさぐると、痛みなどの刺激を感じるところがあります。それが「三陰交」です。

婦人科系のツボ「三陰交」

三陰交には、肝・腎・脾の3つの経絡が交わっている場所という意味があります。東洋医学で「肝」は、筋肉や血液をつかさどるところ。また「腎」は生命力の根源とされ、水分代謝の役割をしているところとされています。そして「脾」は消化器のことをいい、体に栄養を補給する重要な働きを担っているとされています。
この重要な3つの経絡が交わっているのが「三陰交」。そのため、ここを押すだけで多くの不調の改善効果に働いてくれる、万能のツボといわれているのです。
ツボの押し方は、まず5秒くらいかけてゆっくりと息を吐きながら静かに押し、息を吸いながらゆっくり離していきます。これを左右3回ずつ、毎日行うのがおすすめです。
万能のツボである三陰交は、冷えやむくみの改善、生理痛の緩和、骨盤内の血流アップ、陣痛促進など、女性に役立つさまざまな効果が期待できます。 不調のときはもちろん、ふだんからこのツボを刺激することで、悩みの解消に働いてくれるでしょう。

下腹部の重苦しさには「血海」のツボを

生理痛で腰や下腹部に重苦しい痛みを感じるという人に、もう1つお教えしたいツボがあります。
それが、「血海(けっかい)」と呼ばれるツボ。血海は、ひざのお皿の内側から、指3本分上にあります。

下腹部の重苦しさには「血海」のツボを

文字通り全身の「血」が「海」のように集まる場所とされており、血液の流れと密接な関係にあるツボです。ここを刺激することで血液の流れがよくなり、生理痛の原因である“血液の滞り”の改善に働きます。生理でつらいとき、ゆっくりと息を吐きながら親指で刺激することで、痛みを和らげる効果があるとされています。
また、女性ホルモンの分泌を促すツボとも言われており、美肌、美乳にも効果的な、女性にうれしいツボでもあります。

女性の体は冷えによって血液が滞りやすく、それが生理痛などの原因になっています。体の巡りをよくする2つのツボを刺激して、生理のトラブルを解消していきましょう。

By Monicia編集部

監修 福辻鋭記(ふくつじ・としき)先生

監修
福辻鋭記(ふくつじ・としき)先生

アスカ鍼灸治療院院長。鍼灸師(はり師・きゅう師の国家資格)。日中治療医学研究会員。整体やカイロプラクティックなどを取り入れた独自の治療法が評判。不調の改善だけでなく、鍼灸の美容に関する効果の研究で著名な、美容鍼灸の草分け的存在。雑誌やテレビ等でも活躍。著書多数。