動物病院導入事例

ヘルスケア

犬山動物病院様

<戻る  1 | 2 | 3 | 4  次へ>

ほとんどの動物病院に欠かせないものとなる

これまでコニカミノルタのCR装置を長年使用し、診療に与える良い影響を実感し、近い将来、ほとんどの動物病院にCR装置が導入されるような時代になると考える太田院長。

「自動現像機では時間や手間がかかります。CR装置だと複数の獣医師が撮影しても一律に同じものが出てきます。フィルムも不要なのでフィルム保管場所を確保する必要もありませんし、環境にもやさしい。CR装置の費用だけを考えると導入が難しい動物病院もあるかもしれません。しかし、X線画像診断は日常診療には欠かせないものです。効率化や利便性を考えると導入に踏み切れるのではないかと思います。

獣医師が数名の動物病院であれば、省スペース設計のREGIUS MODEL110Aがとても適していて、診療の効率化に役立つと思います。

コニカミノルタには新病院の建築の際、CR装置をはじめネットワーク全般で大変お世話になりました。『人と動物にやさしい病院』の理念や私の理想とする動物病院『ワンストップ・ホスピタル』に、REGIUS MODEL190Aと画像サーバーシステムは欠かせないものとなっています」


チームワーク抜群の動物病院スタッフ

<戻る  1 | 2 | 3 | 4  次へ>

ページトップへ戻る