曽内科クリニック様の導入事例

素早い骨密度測定サービス「Quick-DIP」で“待たせない”診察が可能に

曽 振強院長

曽内科クリニック
曽 振強(そうしんきょう)院長

内科・内分泌代謝科・循環器科・呼吸器科・アレルギー科・泌尿器科
日本甲状腺学会認定専門医

〒311-3512 茨城県行方市玉造甲

導入後のメリッ卜 曽院長の声

  • コストパフォーマンスが良く、操作も簡便なため、ストレスなく継続して使用できる。
  • 自院内での検査を行うことにより、自信と責任をもって患者さんに測定結果を伝えることができる。
  • その場で測定結果を示すことで、すぐに治療の検討を始めることができ、患者さんの満足度が向上した。
  • 操作性が良くスタッフの負担が少ないなめ、検査件数が増加しても問題なく処理できる。

迅速な治療計画のために自院内での検査にこだわる

曽内科クリニックは1999年の設立以来、患者さんの身近なアドバイザーとして、医療施設と連携をはかりながら、地域医療の向上に努めてきた。曽 振強院長はいう。

「泌尿器科や内分泌代謝科の専門性を生かしながら、地域の皆さんのかかりつけ医として、丁寧で分かりやすい診療を第ーに心掛けています。プライマリーケアの重要な点は、患者さんの現在の病状を正確に把握し、最適な治療計画を立てること。
そのためには、他医療機関との連携や情報交換に努めることはもちろんですが、私自身が幅広い知識と診断基準をもつことが必要です」

診断基準という面では、各種検査での測定値が欠かせない要素であり、自院内で検査が可能であれば、そのメリッ卜は大きい。

「来院時に検査を行い、その測定結果も踏まえながら患者さんに説明し診断する。このワンストップでの診療は、患者さんの利便性を高めると同時に、医療機関にとっても診察を効率化できるというメリッ卜があります。スピーディーな診療体制は時代のニーズであり、患者サービスの一環と言えます」

しかしながら、クリニックでの検査機器導入はなかなか厳しい面があるのも確かだ。

「メリッ卜は分かっていても、クリニック規模では導入が難しい高価な装置もあります。ですので、必要な検査に関しては、その精度やコストを見極めながら、自院で行うのか、外注にするのか、開業医はみな悩みながら試行錯誤しています」

地域内に高齢者が増えている現状から、曽院長がいま着目しているのは骨密度の測定だ。

「骨密度に関しては2010年まではコ二力ミノルタの自動現像機SRX-101でフィルム出力し、血液検査とあわせて検査センターに依頼していました。その後、CRに更新してからは必要に応じ、総合病院の整形外科に依頼するようになりました。ただ、それはQUS(超音波骨密度測定法)だったので、フィルムから読み取る方法と比較して、若干違和感があったことも確かです」

次第に、自院で骨密度を測定できるようになれば患者サービスも向上するという思いが曽院長の中で、大きくなっていったという。

骨密度を測定する手段として選択したのは「Quick-DIP」

自院での最適な骨密度測定の方法を模索していた曽院長。知り合いの医師や医療メーカーから情報を入手し検討を重ねていった。

「骨量測定の標準方法として重視されているのは腰椎DXA法ですが、この装置は非常に高価であり、当院での導入には不向きでした。これによく相関するといわれているのがDIP法で、当院が以前フィルムで外注依頼していたのもこの方法です。DIP法では、骨折リスクの予知もある程度可能ですし、第二中手骨を撮影するため、体幹部へのX線被爆がないのも利点です。それらを踏まえ骨密度測定装置の導入を検討しましたが、コスト面で、あまり満足のいくものではありませんでした」

そんなときに知ったのがコ二力ミノルタのQuick-DIPだ。

「DIP法で測定するQuick-DIPは、導入済みのコ二力ミノルタのCRをそのまま使用しながら、簡単に素早く骨密度を測定することができ、導入費用も手頃。まさに当院向きのサービスだと思いました」

Quick-DIPの利点のひとつは素早い測定にある。

「撮影しておよそ5分で測定結果が表示されますので、撮影後はそのまま診察室に来ていただいて結果を説明できるという理想的な診察プロセスが組めます。また、測定結果とともにレポートも付加されますので、説明時には非常に役立っています。当院では診察時にご家族が同伴されることも多いのですが、患者さんご本人だけではなく、ご家族にもその場でお話しできることで、安心していただけることがうれしいですね」

Quick-DIP骨密度測定
撮影後画像表示
手指骨の撮影後、スピーディにレポート表示

患者さんにより良い治療を提供するための入り口として

自院内での骨密度測定が定着してきたという曽院長。これは患者さんサービスとともに自院のレベルアップにもつながるという。

「現在では、血圧検査や血液検査などの検査とあわせて骨密度も測定するケースがほとんどで、患者さんからは非常に好評です。自院内で検査測定することには責任が伴いますが、自分の目で確かめて納得して患者さんに説明できることで説得力が増していると思います。もちろん、私の自信にもつながっています。
Quick-DIPのセッティングはスタッフが行うこともありますが、操作が容易なのでストレスなく測定できています。私だけでなく、スタッフがさまざまな経験を積むという意味でも、自院内の検査は有益だと感じています」

曽内科クリニック院内
待合室に掲示されたポスター

骨粗鬆症予防という観点から、リスクの高い患者さんには早めの骨密度検査を呼びかけている。

「基本的に60歳以上の女性、乳がんの手術を経験した人にはもれなく骨密度検査を行うようにお勧めしています。さらには腰痛の激しい人、長い問、喘息や肺疾患を患っている人もリスクが高い群といえます。骨粗鬆症というと女性特有の症状だととらえられがちですが、決してそうではありません。喫煙の影響として近年話題になっているCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は、肺にとどまらず、併存疾患として骨粗鬆症があげられています」

骨粗鬆症など一生つきあっていかなければならない症状を抱える患者さんにとって、クリニックが果たす役割は大きい。

「やはり、私たちが患者さんの治療の入り口ですから、多様な知識と地域連携をフルに活用して、患者さんにとって最良の治療方法を見い出していかなければなりません。
継続的な治療が必要な患者さんにとっては、常に身近で気軽に相談できるパートナーでありたいですし、病状の診断を方向づける各種の検査についてはできるだけ自院内で素早く行えることが望ましいと考えています。そのためにも、医療メーカーには手軽に計測できる機器やツールの開発をさらに進めてほしいと思いますね」

より良い診断技術を常に模索する曽院長。今後はコピー機などとの連動も考え、スキャンやプリントアウトを素早く、精度高く行うようにすることも視野に入れている。

※取材当時の内容です。

このページを共有する