現在地:
コニカミノルタ 日本
ヘルスケア
導入事例
クリニック事例一覧
せき内科クリニック様

導入事例

ヘルスケア

せき内科クリニック様

<戻る  1 | 2 | 3  次へ>

画像データの一元管理でスムーズな診察環境を


REGIUS 110は
コンパクトで使いやすい

平成12年の開設以来、一日平均80~90人もの患者を迎えるせき内科クリニック。診察待ち時間の緩和、医療スタッフの負担の軽減を考えると、患者データへ素早くアクセスできる環境づくりは重要な課題であったという。CRの導入、画像データを一元管理するシステム構築は不可避の要件だったと関院長は話す。

「デジタルに移行することは必然の対応策でした。患者さんの数が多いことに加えて、この土地の水質は、フィルムの現像には適さないという問題もありました。実際のCR機器導入にあたっては、画像を一元管理できること、省スペースを実現することが条件でした」

数ある情報機器のうち、この条件にもっとも合致したのがコニカミノルタのREGIUS Uniteaだったという。

「撮影済みのカセッテをREGIUS 110に入れるだけで、診察側のUniteaで画像診断ができます。コンソールとビューワ、ファイリングが一体型のシステムで、すぐに情報にアクセスできることが魅力でした。また、画面構成がわかりやすく、コンピュータがさほど得意ではない私でもすぐに馴染むことができました」

現在、CR、エコー、内視鏡画像がREGIUS Uniteaに取り込まれている。CR画像を取り込むことが出来るのは当然のこと、他社製のエコー、内視鏡の画像もPrintlink5-ICというキャプチャーユニットを介することで、一元管理することが可能になった。

導入してからの効果は予想以上だったという。画像データを一元管理、基本属性を電子カルテと連動させることにより患者情報の管理が確実になり、転記ミスもなくなった。院長とスタッフのストレスはかなり軽減したという。また機器がコンパクトなため、スペースの余裕ができ、院内の動線に無駄がなくなったという副次的効果もあった。

「Uniteaを導入して期待していた以上の効果が得られています。検査機器の発達によりさまざまな検査が可能になった結果、一人の患者さんに対して種々の画像が発生するようになりました。このシステムではIDで検索するだけで、該当する患者さんの検査画像を瞬時に一覧で診ることができます。アナログ時代では考えられなかったことです」

REGIUS Uniteaのデータの扱いやすさは、患者を他院へ紹介する際にも役立っている。画像データをビューワソフト付きで簡単にメディアへ出力できるため、相手先のソフトウェア環境に左右されることなく、データのやりとりができる。せき内科クリニックでは、紹介先の病院へCD-Rで患者の画像データを提供し、スムーズな連携をはかっている。

そして、患者にわかりやすい診察が実現できたことも大きいという。

「撮影した画像を実際に患者さんに見ていただいて説明しています。患者さんに納得していただくには、リアルなビジュアルが最適です。REGIUS 110と連動したUniteaの高精度な画像は、診断の質の向上のために大きく貢献しています」

システム構成図

<戻る  1 | 2 | 3  次へ>

ページトップへ戻る