現在地:
コニカミノルタ 日本
ヘルスケア
導入事例
病院事例一覧
新行橋病院様

導入事例

ヘルスケア

新行橋病院様

<戻る  1 | 2 | 3 | 4  次へ>

最新の医療機器を装備し「治すこと、助けること」に邁進する

新行橋病院は、アメニティを重視したゆったりした造りになっています。「21世紀の医療では良好な療養環境が求められる」との考えから、自然光をふんだんに取り入れ、柔らかな色彩にあふれる空間が演出されています。病棟も個室が中心で、最上階には周防灘を一望できる展望風呂。まさに21世紀の療養環境がここにあります。

もう一つの特徴は、最新の高度医療機器が装備されていることでしょう。MDCT、MRI、RI、血管造影のIVR、補助人工心臓装置BVS5000など、救急・高度先進医療に必要とされる機器が整備されています。また、放射線科には、コニカミノルタの医用画像情報システムであるNEOVISTA I-PACSとS-RIS、一般撮影ではREGIUSシリーズが導入されています。こうした最新医療機器について、鶴崎院長は次のように話されています。
「患者さまに対する一番のサービスは、“治すこと、助けること”です。そのためには、世界最高水準の医療機器をできるだけ早く導入することを心がけています。病院の施設にはメリハリが大事だと思います。車でたとえれば、医療機器はベンツのような最高級車、医局や院長室などの設備はカローラのような大衆車でいい、というのが我々の方針です。コニカミノルタのシステムもその考えに沿って導入しました」

新行橋病院は、高度な医療を提供する地域の基幹病院として高い評価を受けてきました。日本医療機能評価機構認定病院に認定され、さらに臨床研修病院にも指定され、若手医師の育成と確保にも力を入れています。


  • 画像記録用ドライプリンタ
    DRYPRO MODEL 793


  • RISがビルドインされた
    REGIUSコンソールCS-3

<戻る  1 | 2 | 3 | 4  次へ>

ページトップへ戻る