EVENT

多様な社会の課題を見つめる、つなげる、解決する。

CEATEC JAPAN 2017(幕張メッセ 2017年10月3日火曜日から 6日金曜日)

コニカミノルタは、千葉幕張メッセで開催されたアジア最大級のCPS/IoTに関する総合展示会
「CEATEC JAPAN 2017(シーテック ジャパン 2017)」に出展しました。

CEATEC出展レポート

10月6日に閉幕したCEATEC JAPAN 2017。
会場には昨年を上回る、延べ152,066人が訪れました。
今回コニカミノルタは、「多様な社会の課題を、見つめる、つなげる、解決する。」をテーマに、多様な分野で長年培ってきた技術を駆使し、近未来の日本の社会課題を解決するソリューションを展示。人をつなげ、情報をつなげる、IoTにおける新たな価値を具体的に発信しました。

ブース内のステージでは、コニカミノルタが描く“少し先の未来”を、映像とMCによるプレゼンテーションでご覧いただきました。場面を、オフィス、自宅、在宅医療や介護の現場、工場、駅前や踏切、買い物をする店舗へと展開しながら、コニカミノルタが独自のエッジIoTとノウハウを駆使して、どのように様々な社会の課題を解決していこうとしているのかをご紹介しました。

あらゆるビジネスパーソンに
最適なIT環境と高い生産性を提供する
あらゆる人と情報と場所をつなぎ、スマートな働き方変革実現のコアとなる「Workplace Hub」を中心に、業務負荷軽減、柔軟な職場環境構築支援、定型業務の自動化など、開発中のサービスを出展。同時に、アプリケーション・サービス提供パートナー各社との共同開発の発表もあり、多くの来場者から期待が寄せられました。
地域医療連携をも見据え
介護と在宅医療に新しい価値を
コニカミノルタの光学・画像技術、センシング技術を活用し、介護業務全体を効率化するケアサポートソリューションを中継デモでご紹介。スマートフォンによる映像確認で不要な駆けつけが削減でき、介護品質の向上が図れます。また、記録作成や情報共有にもスマートフォンを活用するなど、徹底的なワークフロー分析から生まれたソリューションに、多くの来場者にご共感いただきました。
生産管理・品質管理の
ワークフロー変革を実現
独自の高精度な色測定と、サプライチェーン全体の色管理までを実現するカラーマネジメントソリューション。人による目視検査を自動化する自動車塗装欠陥検査システム。また、それら検査データとプロセスデータの蓄積・統合・分析により不良原因を分析・予知するソリューションなど、モノづくりにおける品質管理の新たな価値を多くの来場者にご体感いただきました。
製造・物流業務の生産性を最大化させる
ウェアラブルコミュニケーター
多くの来場者の注目を集めたウェアラブルコミュニケーターWCcの体感デモ。軽くて見やすいWCcと基幹業務システムを無線LANで連携させることで、スタッフの手を止めず、視界を遮ることなくリアルタイムに指示を送り、生産性を大きく向上させることができます。また、初心者でもベテランと同等レベルで作業ができる、作業平準化効果にも関心が寄せられました。
リアルタイムに常時見守る
デジタルの「目」
カメラやセンサーなどにより可視化した行動データを活用する、行動モニタリングソリューションをデモ展示によりご体感いただきました。現場で起きている状況を複数の目でセンシングし、異常の検知、行動の分析、危険の予知を行うことにより、特に屋外や広域での安全性を確保し、作業効率を向上させるソリューションとして来場者の期待を集めました。
AI活用による行動解析・効果測定で
マーケティング分野に新たな価値を
コニカミノルタのAI姿勢解析技術を用いた、販促物ROI測定サービスをデモ展示によりご体験いただきました。購買前のお客様の行動を自動的に抽出し、POPや商品サンプルなどの販促物が購買に与えた影響を見える化し検証。これまで難しかった店頭での定量的な効果測定を可能にするソリューションで、多くの来場者に新たな価値をご体感いただきました。

ページトップへ