EVENT

多様な社会の課題を見つめる、つなげる、解決する。

CEATEC JAPAN 2017(幕張メッセ 2017年10月3日火曜日から 6日金曜日)

コニカミノルタは、千葉幕張メッセで開催されているアジア最大級のCPS/IoTに関する総合展示会「CEATEC JAPAN 2017(シーテック ジャパン 2017)」に出展しています。

CEATEC JAPAN 出展情報

名称 CEATEC JAPAN 2017
(シーテック ジャパン 2017)
会期 2017年10月3日(火)~ 6日(金)
午前10時~午後5時
会場 幕張メッセ
HALL2 社会・街 エリア C105
主催
CEATEC JAPAN 実施協議会
一般社団法人電子情報技術産業協会
(JEITA)
一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会
(CIAJ)
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
(CSAJ)
  • CEATEC JAPAN 2017公式サイトはこちら
  • 本件についてのお問い合わせはこちら
「Workplace Hub IT on your terms 」人と情報と場所をつなぎ、あらゆるビジネス革新の「コア」となる。エッジIoTプラットフォーム

あらゆる人と情報と場所をつなぎ、スマートな「働き方改革」実現の「コア」にあるもの。
それが、コニカミノルタの「Workplace Hub」です。

一人ひとりの「働く」に寄り添い、「働くこと」に関するあらゆるデータを集積し見える化・共有化することで業務のムダをなくすとともに、クリエイティブな時間を生み出すことに貢献していきます。

個人・組織双方の成長に寄与し、「働く」を楽しむ環境をつくる、それがコニカミノルタの思いです。

すべてのビジネスパーソンに最適なIT環境と高い生産性を。

Office Solutions

働き方の見える化と働き方変革の実行支援による生産性向上

働き方変革可視化サービス
コニカミノルタは、自社で実践した経験を活かし、企業の働き方変革を成功に導く実行計画策定の支援、ITシステム、オフィス空間の提供を行い、働き方の変化や進捗状況を見える化します。同時に、エキスパート社員のノウハウも見える化し、特定の人に頼ることなく企業価値を維持します。
業務負荷軽減サービス
ITの外的脅威への対策といった社内に必要な様々なシステムをAll in Oneパッケージ化。煩雑なITシステムの運用・管理をOne Stopサービスでご提供することで、システム管理者の負荷を軽減し、ワークライフバランスの実現や固定費の軽減を支援します。
柔軟な職場環境構築支援サービス
会議室から社用車まで、社内外を問わず、モバイル端末から予約・管理が可能。柔軟なファシリティの活用を促進します。また、いつでもどこからでも必要なデータにアクセス可能で、遠隔地にいるメンバーも含めたコラボレーションをスムーズかつ容易に実現します。
定型業務自動化サービス
帳票処理や経費清算といった定型業務を自動化することで、負担を軽減するとともに付加価値の高いクリエイティブな業務に工数シフト。社員1人当たりの生産性を向上させ、企業の成長実現をサポートします。

医療現場の効率化と地域連携を促進する。

Healthcare Solutions

Healthcare:医療の「みえる・かんたん・つながる」を実現
「みえる」 =高診断能、「かんたん」=生産性向上、「つながる」=連携/効率化、この3つのキーワードで、地域医療連携を促進します。今回の展示は、特に医療・介護・福祉の連携にスポットを当てました。医療部門は、在宅、病院・クリニックにおいて、その場で「みえる」高診断能な画質提供に特化した「かんたん」な操作で生産性向上につながるAeroDR/Sonimage_P3をご紹介します。また、医療・介護・福祉が「つながる」ことによる効率化の実現アイテムとして、堅牢なデータセンターと最新のネットワーク技術を介して様々なサービスをご提供するInfomityをご提案します。
Quality of Life:ケアサポートソリューション
介護施設や在宅医療現場に溶け込んだ独自のIoTエッジデバイスにより、高齢者に寄り添う人々の業務を支援します。介護スタッフが自信を持って働く環境や、在宅医療従事者が安心して働く環境をつくり、高齢者のQOL向上を実現します。

品質・生産性の向上とコストダウンを両立する。

Industrial Solutions

製造ソリューション

塗装外観品質検査
目視で行われている自動車塗装の色・アピアランスや外観欠陥の検査を自動化することにより、検査結果を安定させ、不良品の流出を防ぎ、作業者の負荷も軽減します。検査データは可視化・共有・分析に活用することで、前工程のプロセス改善や後工程でのトレーサビリティを可能にします。
デジタルカラーマネジメント
サプライチェーン全体における色の管理が可能です。ネットワークを通じたデータの一元管理・見える化により、品質の向上とコストダウンを両立します。
機械の状態可視化・予防保全
旧型の設備も新型と同じように状態を可視化し、継続的に管理します。これにより全設備の状態をリアルタイムに把握し、予防保全、稼働率の最大化、生産性向上を実現します。
検査・プロセスデータを活用した不良原因分析
検査データとプロセスデータを継続的に蓄積し、分析することで不良発生条件を把握し、不良発生を予知します。これによりリアルタイムの対策が可能となり、不良を未然に防ぐことで製造ロスを削減するとともに、生産性を向上する生産管理・品質管理のワークフロー変革を実現します。

物流ソリューション

メガネ型ディスプレイ
「ウェアラブルコミュニケーター」
ニーズの多様化、複雑化による物流や生産品目の増大、人材不足などの様々な課題に応えるために、「誰でもミスなく高効率な作業が行える」ピッキング・組み立て工程作業ナビゲーション「ウェアラブルコミュニケーター」を開発しました。スタッフの手を止めず、視界を遮らずにタイムリーに指示を送ることで、作業の時間短縮と品質向上をもたらします。

より確かなセキュリティと効果的なマーケティングを実践する。

Security & Marketing Solutions

行動モニタリングソリューション
「屋外」を常時モニタリングして「リアルタイムな対処」と「潜在課題の分析」を実現するシステムを開発。現場とバックヤードのスタッフの連携を促し、24時間365日、業務上の様々な異常の検知や予測を実施することでトラブルからの早期復旧や未然防止、生産性の向上に貢献します。
販促物ROI測定サービス
コニカミノルタの映像解析技術とDeep Learning技術により、店頭の商品棚前での購入検討者の購買行動のデータ化・見える化を実現しました。これまで把握が困難であった購入に至るまでのプロセス・行動といった非構造化データの視覚化により、販促物の効果検証や売り場の設計、接客効率の改善などに貢献します。

トークセッション開催予定

10月3日(火)11:30~11:50 / 14:00~14:20

プラットフォームとしてのWorkplace Hubの意義と
開発者視点でのメリット

登壇者

株式会社biotope
Creative Catalyst / Intrapreneurship Enabler
小林 泰紘
コニカミノルタ株式会社
WPH事業部 IoTビジネス開発部 部長
杉本 哲哉
コニカミノルタジャパン株式会社
事業戦略統括部 統括部長
杉本 孝一

10月4日(水)11:30~11:50 / 14:00~14:20

ソリトンシステムズからみたWorkplace Hubの価値と、
認証統合の顧客メリットとは

登壇者

株式会社ソリトンシステムズ 取締役
橋本 和也
コニカミノルタ株式会社
WPH事業部 IoTビジネス開発部 部長
杉本 哲哉
コニカミノルタジャパン株式会社
事業戦略統括部 統括部長
杉本 孝一

10月5日(木)11:30~11:50

シスコシステムズからみたエッジIoTプラットフォーム
「Workplace Hub」への期待

登壇者

シスコシステムズ合同会社
執行役員 最高技術責任者(CTO)
兼 最高セキュリティ責任者
濱田 義之
コニカミノルタ株式会社
WPH事業部 IoTビジネス開発部 部長
杉本 哲哉

10月5日(木)14:00~14:20
10月6日(金)11:30~11:50 / 14:00~14:20

マイクロソフトからみた働き方変革における
Workplace Hubの価値とエッジIoTプラットフォーム
「Workplace Hub」への期待

登壇者

日本マイクロソフト株式会社
コーポレート戦略統括本部
シニアビジネス
ディベロップメントマネージャー
坂谷 淳宏
コニカミノルタ株式会社
WPH事業部 IoTビジネス開発部 部長
杉本 哲哉

ページトップへ