close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

お客様の事業に貢献する
Webサイトを

デジタルマーケティング事業

Webエンジニア2014年入社

メディア学部 メディア学科 卒

今の仕事は

私が所属するデジタルマーケティング開発部では、コニカミノルタグループのウェブサイトの制作運用を行うチームと、外部の大手企業様を中心としたウェブサイトの戦略策定・サイトの構築運営を行うチームの大きく2つの組織に分かれています。私自身は現在、外部企業様のウェブサイト構築案件のプロジェクトマネジメントや、戦略策定のコンサル案件でコンサルタントとして案件を担当しています。

担当しているお客様には輸送用機器、医薬品、製造業、電気機器メーカーなど様々な業種業界のお客様がいらっしゃいます。
業務内容は多岐にわたりますが、お客様のグループにおけるウェブサイトの戦略方針を考えたり、その戦略方針を体現したウェブサイトを作るためにはどのようなコンテンツが必要か、どのような画面設計にすべきか、またPDCAを回していくためにはどのような取り組みをしていくとよいかなどを考え、プロジェクトを推進していく立場になります。

仕事で印象に残っていること

これまで担当させていただいた案件は、基本的に半年~1年前後の長期プロジェクトが大半になります。プロジェクトをまとめる立場となると、プロジェクトを予定通り完了させるために自分自身がやらなければいけないこと、相手に依頼して対応してもらわないといけないことがあり、それらのタスクを整理して回していくことになりますが、関係者が多ければ多いほど、その大変さは増します。

プロジェクト関係者が自分よりも立場や年齢が上の方ばかりというケースもあり、様々な責任が重くのしかかる立場でもあるので、プロジェクト期間中は精神的にも体力的にも疲れる時もありますが、きちんとプロジェクトが成功裏に終わった時の達成感は非常に大きいです。 私たちの仕事は、良くも悪くも結果をデータで追うことができますので、自分が担当したウェブサイトにおいて良い数値の結果が出ると達成感も倍増しますし、お客様から直接感謝の言葉やお褒めの言葉をいただいた時は自信にもつながります。

コニカミノルタジャパンを選んだのは

事業貢献につながるウェブサイトづくり

私は前職ウェブサイトの制作会社に勤めていたのですが、コニカミノルタのグループ会社に出向していた時期がありました。それまではウェブサイトの制作ディレクターとして、お客様から依頼を受けてサイトの制作・運用を回すことが業務の中心でしたが、出向時に大手企業様のグループのウェブ戦略をお客様と一緒に策定するなど、これまでの業務の1つ上流工程に携わる機会をいただき、単に依頼されたことを形にするだけでなく、事業貢献につながるウェブサイトにするためには何をすべきかを考え、それを具現化していく工程に関わることに新たな刺激を受けました。
そのきっかけがあったこと、また、コニカミノルタジャパンではグループのサイト運用(自社実践)もしながら、外部のお客様の事業貢献につながるサイト活用のサービスを提供できるということで、発注側と受注側の両方の視点で業務に携われることも、経験を積む機会としては良いかなと感じ、入社しました。

就職活動をしている学生のみなさんへ

まずはきちんと自己分析を行い、自分の強み・弱み、性格を理解した上でマッチする仕事を探すのが良いかと思います。自分がやりたいと思う仕事に就くことが理想とは思いますが、理想だけで仕事を選んでも理想と現実がかけ離れている場合もあります。
また、学生時代に部活やアルバイト、インターンなどで様々な人とコミュニケーションを図る機会を持つことも大事だと思います。私自身も社会人歴を重ねる中で感じることですが、やはり学生時代から様々な人とコミュニケーションを図っている人は社会人になってから活躍するスピードが他の人よりも早いと思いますし、重宝されます。人と接することに苦手意識を感じる人は多いと思いますが、簡単なところからで構わないので是非コミュニケーションの領域を広げてみてください。

Time Schedule一日の流れ

  • 9:45
    出社・メールチェック フレックスを活用し、通勤が混雑する時間を避けて出社。お客様やパートナー会社からいただいたメールの内容をチェックし、関係者に作業を打診しなければいけない場合は、チャットツールを使って連絡を入れておきます。
  • 10:00
    社内で案件ミーティング 午後の客先訪問の打ち合わせに向けて、社内のプロジェクトメンバーと打ち合わせの流れや役割分担、説明資料の最終確認を行います。
    訪問直前にお客様から新たな相談事項を連絡頂いたりすることもあるので、事前に決めていたアジェンダの順番も当日の状況に応じて組み換えることもあります。
  • 11:00
    午後のお客様先での打ち合わせに向けて資料の最終調整&出力準備 案件ミーティングでコメントをもらった資料のアップデートを行ったり、資料の出力を行います。
    お客様によって対応は変わりますが、最近はペーパーレスで資料を出力せず、プロジェクター投影やお客様のPCで資料を映しながら進行する会議体も増えてきました。
  • 12:00
    移動・訪問先の近くでランチ 外出先でのランチが楽しみの一つです。テレビで紹介された人気のお店や同僚におすすめのお店を教えてもらい、時間に余裕があれば訪れることもあります。
    外出がない場合も、ランチタイムは気分転換も兼ねて、浜松町・大門などの会社周辺のお店に食べに行くようにしています。
  • 13:30
    お客様との打ち合わせ ウェブサイトの構築プロジェクトや戦略策定のプロジェクトの場合、ほぼ毎週のように定例会を行います。
    お客様と一緒にディスカッションをしたり、成果物に対するフィードバックをいただいたり、ご要望に対する調査結果の報告や見解をお伝えするなどをしています。
    案件内容やお客様によって、我々の対応を臨機応変に変えていく必要があり、ルーチンワークでないことの面白さと大変さの両面を日々感じています。
  • 17:00
    サテライトオフィスでテレワーク業務 普段は浜松町勤務ですが、訪問先からの移動時間を考え、丸ノ内などのサテライトオフィスを利用して業務を行うことも。
    帰社後、打ち合わせの資料をお客様に送付したり、他案件の見積作成、関係者への案件状況連絡等、優先順位をつけて当日中に対応しなければいけないタスクを処理します。
    最近はテレワーク環境の整備が進み、社外にいても必要なシステムに接続できるようになったので、業務の効率化が図れるようになりました。
  • 19:00
    退社 後輩社員の日報をチェックしたり、翌日の自身のタスクを整理した上で帰宅。

ページトップへ戻る