インクジェット捺染用インク~色落ちしにくい布専用インク~

数々の課題をインク材料の開発によってクリア

インクジェットプリントシステムによる捺染(布へのプリント)は、短納期対応、多品種少量生産、サンプル作成が可能なことから、近年高い注目を集める分野となっています。コニカミノルタでは、従来のインクジェット捺染の課題となっていた、画像堅牢性、インク自体の保存性を、新しいインク材料の開発によってクリアしています。

度重なる染料選定と優れた分散処理によって、課題を克服したインクを実現

relative centnfugel force布自体が、紙に比べて十分なインク吸引能力を持たないことに加えて、耐光、洗濯、汗、摩擦などの使用環境が影響するため、捺染用インクの開発には、より高い堅牢性が求められていました。
布種によって染着メカニズムが違うため、布種に応じて異なったタイプの染料が用いられます。たとえばポリエステルには分散染料、綿であれば反応性染料、絹であれば酸性染料を主に用います。コニカミノルタでは、徹底的に染料をスクリーニングした結果、分散染料、反応性染料、酸性染料それぞれにおいて、色再現域が広く堅牢性にすぐれた各色の染料を見出しました。
特にポリエステル繊維はアパレルや産業資材などで幅広く使用されていますが、従来のインクジェット捺染用分散染料インクは、保存安定性に問題がありました。そこで、選びぬいた堅牢性の高い染料の中から、それぞれの特性に合った分散処方を開発することで、ほとんど沈降しないインクを完成させました。調合後から数日内に使用されることが多い通常の捺染色糊に比べて、インクジェットではインクの長期保存が求められますが、そのレベルに十分に応えるだけの保存安定性を獲得しています。

ページトップへ戻る