色色雑学

色色雑学
PartI 色の見え方と表現方法
色についていっしょに勉強してみましょう

あたりを見回しただけでも、わたしたちの目には、いろいろな色が飛び込んできます。色は、わたしたちのまわりに無意識のうちに存在していますが、同時に、長さや重さのようにスケールや単位をもっていませんので、だれもが一つの答えで共通にコミュニケーョンすることができません。例えば、「青い海」や「青い空」と言っても、個人個人によって感じ方が異なるため、いろいろな青があるはずです。そこに、色のむずかしさがあります。では、わたしたちが色についてどのような知識をもてばよいのか、少しずつ勉強してみましょう。

分光測色計 色彩色差計の製品情報へ
目次
このりんごは、どんな色?
同じ色のはずなのにどうして違って見えるの?
ふたつの赤い球。この色の違いを、誰かに正確に伝えてください。
「色合い」「明るさ」「あざやかさ」。色の世界は、3つの要素の組み合わせ。
色相、明度、彩度。色彩の世界を立体で見ると…。
色相、明度、彩度に目盛りをつけると、色のモノサシ(数値化)ができます。
色の数値化を、表色系ごとに見てみましょう。…I
色の数値化を、表色系ごとに見てみましょう。…II
色の数値化を、表色系ごとに見てみましょう。…III
色彩計を使って、いろいろな色を測ってみましょう。
微妙な色の違い(色差)を伝えることも、色彩計は得意です。
人間の目では同じように見えても、色彩計で測ってみると微妙に違っていることがわかります。
色彩計の特長

PartI 色の見え方と表現方法トップへ PartII 色の正体トップへ PartIII 色の測り方トップへ PartIV 色の用語トップへ PartV 新しい色差式についてトップへ 色色雑学トップへ

ページトップへ戻る