紙文書と押印申請の電子化で効率化したい

  • #テレワーク
  • #製造業
  • #電子承認

課題と要望

  1. 押印申請書が手書きのため、承認までに時間と手間がかかる
  2. 承認者が社内にいないと決済できない
  3. ワークフローを構築し、さまざまな業務の効率化、スピード化を図りたい

導入効果

  1. 紙文書の電子化作業を自動化し、承認までの工数を削減
  2. 押印申請から承認までのフローを構築し、社外からの承認も可能
  3. 構築したワークフローを他業務に合わせカスタマイズし、社内業務のスピード化を実現

コニカミノルタのご提供サービス

押印申請から承認までの時間を短縮
電子申請&承認ワークフロー実現文書管理パック

【サクセスパック】 電子申請&承認ワークフロー実現文書管理パック(コニカミノルタ)

  • 申請の流れ、承認の流れ、①申請者、【本社・他拠点】、申請、各自のPCにインストールされた表計算ソフトを起動し、必要事項を入力カし、マクロボタンを押す、結果、承認結果をメールソフトで確認、PDF変換、申請者名、要件をァイル名にする、共有フォルダー、申請時:注釈ノードにて受理時間を記入承認者へメール配信、承認後:申請情報より申請者名をOCRで認識申請者のメールに結果を返信、共有フォルダー、【他拠点】、遠隔地、Dispatcher Phoenixメニューにて押印書類を承認者へ自動送信、②承認者、押印申請依頼が、メールにて承認者へ配信される、メールソフトのマクロにより「承認」「条件付き承認」「却下」処理。件名に承認結果を追加し、Dispatcher Phoenixへ、共有フォルダー承認エビデンス

「Dispatcher Phoenix」はコニカミノルタ独自開発による文書仕分けソフトウェアです。ファイルの収集はもちろん、処理・配信まで自在にカスタマイズでき、複雑なタスクもボタン一つで実行することが可能です。
これまで手作業で行っていた仕分けの手間や時間を軽減し、配信業務はもちろん、出力環境の効率化にも効果を発揮いたします。

導入ソリューション

効率的な文書配信を実現するコニカミノルタ独自開発のソフトウェアです。

事例・ホワイトペーパー

  • 株式会社エクセディ商事 様

    電子化の手間の削減と業務効率化をさらに進めるためにタスクタスクオートメーションツール「Dispatcher Phoenix(ディスパッチャーフェニックス)」を導入。 押印申請/承認、警備日誌の回覧などさまざまな業務の合理化、スピードアップを実現されています。