Dispatcher Phoenix

  • #情報共有
  • #テレワーク
  • #プロセス改善
  • #文書管理
  • #自動処理

こんなことにお困りではありませんか?

  1. 保管文書の仕分けや電子化作業に人員コストがかかっている
  2. 膨大な紙文書によってオフィススペースが圧迫されている
  3. 電子化したビジネス文書の加工処理やリネームに手間がかかる

特長

収集作業のオートメーション化

複合機やスキャナー内のファイルに加えて、メールの添付ファイルや受信FAXファイルをオートメーションで収集。仕分け作業の効率化に貢献します。

自動で複数の処理を可能に

収集したファイルにはテキストデータの抽出/出力、注釈の付与、フォーマット変換、ファイル名変更、メタデータの出力等のさまざまな処理を自動で行うことが可能です。

配信業務を効率的に

処理を行ったファイルは、必要に応じて様々な配信先に格納することが可能。部署や個人単位の振り分け配信はもちろん、OCR情報をもとに指定フォルダに自動で仕分けて保存することもできます。

コニカミノルタだから実現できること

3分でわかるDispatcher Phoenix

概要

Dispatcher Phoenixはコニカミノルタ独自開発による文書仕分けソフトウェアです。ファイルの収集はもちろん、処理・配信まで自在にカスタマイズでき、複雑なタスクもボタン1つで実行することが可能です。手作業でおこなっていた仕分けの手間や時間を軽減し、配信業務はもちろん、出力環境の効率化にも効果を発揮します。

主な機能

  • 文書を簡単に取り込むオートメーション収集機能
  • 収集したファイルへの編集/加工機能
  • ファイル印刷時の傾き補正・統合・分割・ページ削除機能
  • 処理を行ったファイルのメール配信機能
  • OCR情報に基づいたファイル自動仕分け保存機能

その他詳細やカタログ