複合機を使ってセキュリティー対策を強化したい

  • #セキュリティー
  • #建設業
  • #データ管理

課題と要望

  1. 複合機でUSBメモリーを利用することが多いので、セキュリティー対策をしっかりしたい
  2. 原稿と印刷の量が多い業務を効率的に処理したい
  3. 公共事業を取り扱っているので、セキュリティーを高めたい

導入効果

  1. 複合機にアンチウィルス機能を追加し、USBメモリーからのウィルス感染リスクを低減
  2. ワンパススキャン機能と両面印刷機能の利用などで効率的な印刷業務を実現
  3. UTMの導入で不正アクセスによる情報漏えいリスクを低減

コニカミノルタのご提供サービス

安心のウィルス対策と印刷業務の効率化
建設業向け複合機セキュリティー対策パック

  • BEFORE、中小企業をターゲットとしたウイルスの対策を講じて、内外部への安全性・信頼性を高めたい、AFTER、UTM導入でランサムウェアなど外部からのセキュリティーリスクを低減、外部への漏洩から守る、外部からの攻撃を防ぐ、UTM、アップデートやパージョンアップも一元管理、常に最適な状態で運用、BEFORE、社員同士やお客様とUSBメディアを使用しデータの受け渡しをしていてる。セキュリティーリスクを無くしたい、AFTER、コニカミノルタ複合機にi-Option LK-116を搭載することでウイルススキャン機能追加。USBメモリー接続時に即座にチェックしウイルスの拡散を防止、社員A、ウイルススキャン、社員B、取引先、BEFORE、紙文書を電子化する際、両面原稿が多く読み込み時間を短縮したい、AFTER、ワンパス両面自動読み取りスキャナー機能を搭載した複合機の導入で作業効率向上

「UTM(Unified Threat Management)」 は、Webフィルタリングや不正侵入検知機能を一つにまとめたソリューションです。社内ネットワークとインターネットの境界に設置することで、社内にあるパソコンや複合機が攻撃されることを防ぎ、社内ネットワークを統合的に守ることができます。機器側のバージョンアップや、アップデートも自動的に行えるので、常に最新の状態に保つことができ、ITセキュリティー管理者の負荷軽減にもつながります。
コニカミノルタの複合機「bizhub i シリーズ」は、紙文書を高速かつ効率的に電子化できる機能を搭載しており、共有資産としての活用をご支援いたします。

導入ソリューション

社内ネットワークを守るには『UTM』が お勧めです。UTMはWebフィルタリングや不正侵入検知機能を一つのハードにまとめた端末です。

いつでも、どこでも、だれでも働ける環境づくり。コニカミノルタの複合機「bizhub i シリーズ」は、新しい働き方を可能にします。