US(超音波診断装置)

ヘルスケア

SONIMAGE 613

もっときれいに

上位機種で採用されている画像処理を搭載可能。ワンランク上の画像を提供します。

空間コンパウンド処理

空間コンパウンドは複数方向からの超音波ビームを合成する画像処理技術です。画像の均一性が増加し、従来影となった病変部裏側周辺まで見えやすくします。病変部辺縁のつながりが向上する効果があります。

Dynamic MRTM処理 ※オプション

DynamicMRTMは、超音波信号の差がない部分は信号値を平均化し、スペックルノイズを低減しより滑らかな画像表示を行います。また、その反対に信号の差(微妙な信号差)のある組織部分は、より識別性を向上させるため、信号差を大きく付けた画像表示を行います。そのため、従来より視認性の高い画像が得られます。

もっと簡単に

上下2画面表示

上下に2画面表示する機能が搭載され、疾患部位と健常部位の画像を上下に表示することで、横に広い検査画像を比較することが可能です。
この機能により、整形外科などでも大変使い易くなりました。

Auto IMT計測 ※オプション

頚動脈の内中膜複合体厚の計測を自動的に計測し解析表示するAuto IMT計測機能もオプションで搭載可能です。

製品情報

ページトップへ戻る