コニカミノルタ

エッジIoTプラットフォーム Workplace Hub

Giving Shape to Ideas

Robotics BPO for Smart Work AI×クラウドで実現する
大量の伝票処理からの解放

ロボティクスへの業務委託で働き方改革しませんか

PROBLEM 膨大な伝票などの紙書類。
デジタル化への課題抱えていませんか?

従業員による社内作業
  • 人的コスト
    がかかる
  • ヒューマンエラー
  • コア業務に
    注力できない
派遣スタッフによる社内作業
  • 人件費がかかる
  • ヒューマンエラー
  • 内部スタッフの確認が必要
アウトソーシングでの社外作業
  • 小ロットでは単価が高い
  • 納期が長い
  • 機密文書を出せない

SOLUTION Robotics BPO for Smart Workならロボットに伝票処理をアウトソーシングAI×クラウド活用でコストをかけずに自動化できます

「Robotics BPO for Smart Work」の図

伝票処理もロボティクスへの業務委託で働き方改革しませんか

CASE STUDY Robotics BPOの導入で、月末に集中する経理作業を効率化。
作業工数の84%カットと人的コスト削減を実現

課題

  • 紙帳票をベースとしたチェック・修正処理を効率化したい
  • 請求処理など月末に集中する作業のための人的コストを抑えたい
  • 将来のビジネス規模拡大に備えて突合業務の効率化を行いたい

サプライヤーからの請求書突合業務に費やしている工数や人件費を見直したい

複数のサプライヤーから毎月大量の請求書が発行される。その内9割の請求書は月次締め直前に到着。
月末に統合基幹業務システムの仮仕訳情報と請求書を突合して本計上していた。
経理では最高負荷の月末の作業量に対応するために派遣スタッフを雇用。人的リソースの削減が課題だった。

導入の効果

  • Robotics BPOサービスを活用して請求書との突合を自動化
  • 請求処理にかかっていた工数を84%削減
  • ビジネス規模拡大に呼応して増大する帳票処理にも高い効果の見込み

Robotics BPOサービスを活用して請求書との突合を自動化

月初1営業日目に、仕入実績を統合基幹業務システムにアップロードしつつ、サプライヤーから送られてきた請求書をスキャン。2營業日目以降におこなう突合業務はRobotics BPOサービスで自動化を進めた。

請求処理にかかっていた工数を84%削減

スキャンした請求書の企業名と請求金額をAIを活用した高精度OCRで読み取りを行い、ロボットによってExcelに企業毎の請求合計金額を自動的に集計していく。

さらに集計されたデータの突合までロボットは行い、金額が異なる場合にはアラートを出して、その部分だけ人力で処理を行うようにした。

その結果、毎月かかっていた突合業務工数は、スキャン工数と確認/修正工数に短縮。84%の工数削減へとつながった。

ビジネス規模拡大に呼応して増大する帳票処理にも高い効果の見込み

3年後にビジネス規模が3倍となった場合、帳票枚数もリニアに増大すると仮定すると、Robotics BPOサービス導入による突合業務の効率化効果は非常に高いことが見込まれる。

請求書の処理に現在のフローのままでは3倍の突合業務工数がかかる見込みだが、Robotics BPOサービスによって、突合業務は「3倍のスキャン工数」と「精度向上によって圧縮された確認/修正工数」に置き換わり、結果として91%の工数削減となることが見込まれる。

これによって生まれる時間をコア業務に充てられることで、さらなるビジネス規模拡大を図ることができる。

伝票処理もロボティクスへの業務委託で働き方改革しませんか

PLATFORM 働き方を革新するエッジIoTプラットフォーム

Workplace Hub

Workplace Hubはオフィス内のITシステムを統合管理し、働く人にとってより快適なワークスタイルを実現するための新しいソリューションを提供します。

オフィスや現場などのWorkplace Hub(エッジIoTプラットフォーム)に存在するデータを統合・解析・意味づけすることで、お客様の創造性向上、付加価値創出、効率化に貢献します。

SYNERGY Workplace Hubを通じて
Robotics BPO for Smart Workをご利用いただくと、
安心かつストレスなく、導入効果を最大限に享受できます。

ITソリューションを導入・運用いただく上で必要な管理作業はお客様の居場所でも遠隔からでも、コニカミノルタがお客様のニーズに合わせてサポートします。

  • スキャナーなどのエッジデバイスと様々なクラウドアプリケーションと
    シームレスな連携
  • リモートおよび現場での充実した
    メンテナンス対応
  • エッジでの
    セキュアなデータ処理・格納・伝送

FLOW 導入までの流れ

STEP 1 資料請求お問い合わせ、STEP 2 現状ヒアリング、STEP 3 ご提案、STEP 4 ご契約、STEP 5 導入

まずはお気軽にお問い合わせください

伝票処理もロボティクスへの業務委託で働き方改革しませんか