The essentials of imaging

content

天空について

イメージパース

“天空”という名称は、星がきらめく大空と、その広がりや高さのスケール感を表現しています。また「高く広がる無限の空間」というその意味には、360度映像によって繰り広げられる、星空の空間、夢の空間、癒しの空間、音の空間など、無限の可能性を 秘めた多機能型ドームシアターへの想いが込められています。

「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン」は、商業施設、スクール、オフィスなど多くの機能が集積した「東京スカイツリータウン」の中核施設として、タウンコンセプトの一つである「開かれたコミュニティ」が実感できるスペースを目指します。

さらに最 新鋭の投映技術と設備を導入し、“文化の発展と創造”への貢献も視野に入れながら、これまでのプラネタリウムを主体としたドーム施設の枠組みを超えた運営を行ってまいります。

ロゴマークについて

ロゴマークは、星のきらめきをあしらった「天空」の文字に、深みのあるブルーのアーチで大空の広がりや高さのスケール感を表現しました。

施設概要(予定)

施設名称 コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン
ドーム径 18m
座席数 約220席
運営 コニカミノルタプラネタリウム株式会社(本社:大阪市西区、社長:上田 裕昭 )
開業 2012年5月22日(予定)

©2007-2012 Konica Minolta Planetarium Co., Ltd.