コニカミノルタ ランニングプロジェクトは、ジョギングをはじめたばかりの初心者から記録の更新を狙う本格的なランナーまで、走ることを愛するすべての人をサポートいたします。

  • ホーム
  • ランニングのためのトレーニング&サポート
  • 陸上競技部フォトギャラリー
  • Facebook

忙しいランナーのためのショートタイムトレーニング

長い時間、安定したフォームで走るためにも、ケガを予防するためにも、適度な補強トレーニングは重要。オフィスや自宅でのわずかな空き時間を利用しながら、簡単なトレーニングをするだけでも、効果は十分にあります。少しずつでも、毎日、続けていくことが大切です。

立ったままできるトレーニング

ランニング中、特に疲労が溜まりやすい股関節の周りの筋肉を中心に鍛えます。

#

背筋と足を真っ直ぐ伸ばして立った状態から、片足を真っ直ぐ上げて10秒キープ。左右の足で行います。

#

足を伸ばしたまま、上げて下ろす。片足、10回ずつ行います。

#

真っ直ぐ立ったまま、片足のヒザを直角に曲げて上げ、10秒キープ。反対の足でも行います。

#

ヒザの角度をキープしたまま、上げて下ろす。片足、10回ずつ行います。

#

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)を鍛るトレーニングです。立った状態から、かかとを上げてつま先立ちになり、ゆっくり戻す。10回行いましょう。

椅子に座ったままできるトレーニング

仕事の合間など、椅子に座ったままできるトレーニングです。内転筋(太ももの内側の筋肉)、股関節、上腕部などを鍛えることができます。

#

椅子に座って背中を真っ直ぐ伸ばした状態で、ヒザの間に両手を挟みます。その手を押さえるように力を入れ、10秒キープ。内転筋が鍛えられます。

#

股関節のトレーニングです。ゆっくりと片足のヒザを上げ、また下ろします。
10回ずつ左右の足で行います。

#

胸の前で両手を組み、左右に引っ張ります。そのまま10秒キープ。安定した腕の振りに大切な上腕部が鍛えられます。

歩きながらできるトレーニング

日常生活の中、徒歩移動の時に少し歩き方を意識するだけでも、股関節や大腿部への負荷を適度に強めることができます。

#

階段を上る時、一段飛ばしにするだけでも、十分なトレーニングになります。

#

歩く時、意識的に大股にして歩く事も、普段からできる簡単なトレーニングです。

  • いざ世界へ! 走り続けるコニカミノルタ陸上競技部
  • コニカミノルタ ランニングプロジェクト YouTubeチャンネル

※Facebookにログインしていない場合は、Facebookの記事が表示されません。ご了承ください。

ページトップへ戻る