コニカミノルタ ランニングプロジェクトは、ジョギングをはじめたばかりの初心者から記録の更新を狙う本格的なランナーまで、走ることを愛するすべての人をサポートいたします。

  • ホーム
  • ランニングのためのトレーニング&サポート
  • ギャラリー
  • Facebook

ランニングに必要な柔軟性を獲得するための基礎トレーニング

むやみに筋力をつけたり身体を柔らかくするだけでは、良いパフォーマンスは発揮できません。PCP(プロフェッショナル・コア・パフォーマンス)トレーニングで、身体全体をバランス良く機能的に使えるようになりましょう。
第1回目の今回は、ランニングに必要な柔軟性を得るためのトレーニングを紹介します。コア(肩甲骨からお尻までの部分)を安定させて、バランスを取りながら行って下さい。
MP(ムーブメントプレパレーション)と書かれているメニューは、動きながら行うストレッチです。心拍数も上がるので、ランニング前のウォーミングアップとして行っても良いでしょう。どのトレーニングも4回~8回くらいを1セットに初級者(フルマラソン完走を目標)は1セット、中級者(フルマラソン5時間切りを目標)は2セット、上級者(フルマラソン3時間台を目標)は3セットを目安に行ってください。

ハンド・ウォーク(MP)

体幹の安定性、ハムストリングスの柔軟性を向上させるためのストレッチです。
立った状態から地面に指先をつき、左右の手を交互に前に進めます。進められる限界まで手を進めたら、次は足を手に近づけていき、上体を起こします。左右に体がぶれないように気をつけましょう。

カーフ・ストレッチ(MP)

ふくらはぎの柔軟性を向上させるためのストレッチです。
両手両足を地面につけた状態から、左右の足をクロスさせます。そのままお腹をへこませるようにして、お尻を上げていきます。余裕があれば、その姿勢を3秒ほどキープすると、さらに効果的です。足の左右を入れ替えて同じように行ってください。

スモウ・スクワット(MP)

股関節の柔軟性、体幹の安定性を向上させるためのストレッチです。
相撲の四股を踏むときのような姿勢でしゃがみ、指先でつま先を持ちます。そのまま手を離さず、お腹に力を入れ背中をまっすぐにしたまま、お尻を上げていきます。肩甲骨が開きすぎないように意識しましょう。

スコーピオン(MP)

体幹の回旋運動(体を回す動き)における可動域を広げるためのストレッチです。
うつぶせに寝て、両手両足を大の字に広げます。腰をひねりながら、片足の足を体の反対側に向けて上げていきます。このとき、上げる方の足はひざを90度くらい曲げてください。また、頭と両肩が地面から浮かないようにしましょう。この運動も左右交互に行います。余裕があれば、足を上げた状態で3秒ほど制止してみましょう。

ニー・ハグ

「スコーピオン」と同じく、体幹の回旋運動における可動域を広げるためのストレッチです。
両手で片足のヒザを抱え、反対の足を少し曲げた状態から、真っ直ぐに伸ばします。左右に体がぶれないように意識しながら、かかとが浮くくらいまで伸び上がりましょう。この運動も足の左右を入れ替えて行い、余裕があれば。伸びきった姿勢を3秒くらいキープしてみて下さい。

自宅でトレーニング!

  • いざ世界へ! 走り続けるコニカミノルタ陸上競技部
  • コニカミノルタ ランニングプロジェクト YouTubeチャンネル

※Facebookにログインしていない場合は、Facebookの記事が表示されません。ご了承ください。

ページトップへ戻る