コニカミノルタ ランニングプロジェクトは、ジョギングをはじめたばかりの初心者から記録の更新を狙う本格的なランナーまで、走ることを愛するすべての人をサポートいたします。

  • ホーム
  • ランニングのためのトレーニング&サポート
  • ギャラリー
  • Facebook

ランニングを楽しもう特別レッスンこんなときはどうするの?教えて!磯松監督のQ&Aフォームについて

質問と回答の一覧

#ふくらはぎに負担がかかってしまう、自分のフォームについて悩み続けています。#

[ハンドルネーム] 夏
[性別] 女性
[質問] こんにちは。
長距離をやっている中学生です。
私は小学校の高学年の時から長距離を始めたのですが、昔から自分のフォームについて悩み続けています。
足を着地させたとき、本来なら地面を蹴ってスムーズに前へ進むはずですが、私の場合は足を着地させた時に全体重が足にかかっている様な状態で、少しジョグをしただけで、ふくらはぎに負担がものすごくかかってしまいます。
イメージ的には、椅子に座ったまま走っているかの様に、体の重心が後ろにあるような感じです。
着地時にバタバタと大きい音もします。
表現がうまくできなくて、申し訳ありません。

スムーズな走りができないのは、O脚も原因があるのでしょうか?
また、重心(体の軸)を真っ直ぐ安定させるにはどうしたらいいでしょうか?
よろしくお願いします。

#
こんにちは。
実際にフォームを見ることが出来れば何かアドバイスが出来ると思うのですが、やはり文章だけではちょっと分かりづらいので、基本的な事も含めてお話しさせていただきます。
ランニングフォームは、もちろん練習の中で身につけていくものですが、一番重要なのは普段の姿勢です。
普段立った時の姿勢が、背中が丸まっていたり、腰が引けたような状態だといくら練習で良いフォームで走ろうとしてもなかなかうまくいきません。
では良い姿勢とは何かと言いますと(これも諸説ありますが)、基本的にはやや胸を張るような感じで、背筋を伸ばします。このときに両肩を下げ、上半身をリラックスさせることと、腰が曲がらないようにややお尻を後ろに突き出すような感じで立って下さい。
そうして最後に体の中で一番重い「頭」を背骨に乗せることをイメージして下さい。
そうすると、体が一本の棒になったような状態を意識出来ると思います。
そして全ての行動をなるべくその姿勢から行うことを意識して下さい。
例えば通学する時など、その姿勢を意識して歩き(速歩き)、それを毎日継続することで良いフォームのために必要な筋肉が自然と鍛えられます。
自分がモデルになったように颯爽と歩くことも大切ですし、その時には楽しいことをイメージしながら歩くことも非常に大切です(これが一番大切かも)。
フォームについて、自分でいろいろ試行錯誤することはとても良いことですが、あまり細かいところにこだわり過ぎると、余計に動きがぎこちなくなり、全体のバランスを崩します。
まずは普段の姿勢を意識し、それが自然になるまで体に覚えさせましょう。
これはすぐに効果の表れるものではなく、しかも効果が見えにくいので、なかなかモチベーションが保ちにくいかと思いますが、非常に大切なことですので、頑張って継続して下さい。

#ぴょんぴょん跳ねるような走り方だから、スピードがでないと指摘を受けたのですが。#

[ハンドルネーム] 駅伝大好きママ
[性別] 女性
[質問] 磯松監督様
走るのが大好きな小学5年生の息子がいます。
長距離が得意で、先日3kmマラソン大会で10分51秒のタイムを出しました。
1000mの自己ベストは3分24秒で昨年5月のタイムです。
スポーツクラブの監督から、もっと速くなれるのに、ぴょんぴょん跳ねるような走り方で足を後ろに蹴っているからスピードがでないんだと指摘を受けたようです。
自分なりに直して、もっと速くなりたいそうです。
どのようなことに気をつければよいでしょうか?
自主トレで一日おきに3.5km走っているようです。
その場合、意識した方が良いことなどあれば教えていただきたいです。

#
こんにちは。
まずいきなりですが、そのスポーツクラブの監督さん(コーチ?)は息子さんになぜそれがダメなのか、そしてどうすれば良いかと言うことを納得できるまで説明されたのでしょうか?
ご質問の内容から推測しますと、指摘のみで解決方法まで教わっているとは思えません。
コーチは評論家ではありませんし、指摘だけであとはほったらかしでは(乱暴な言い方ですが・・・)
本人や駅伝大好きママさんがお悩みになるのも当然です。
まずそこに強い憤りを感じます(スミマセン、感情的で)。
そこで私なりのアドバイスをさせていただくとすれば、今のピョンピョン走りを矯正する必要は全くありません!
小学5年生で3分24秒ですよね?もうそれだけで将来性十分です。

今必要なことは、
1.毎日嫌いなものも残さず食べること(これから成長期ですので、体作りの基本です)
2.長距離の練習だけでなく、短距離やほかのスポーツ(球技や校庭のうんてい、上り棒など)も積極的に行うこと(ほかの運動で全身持久力やバランス感覚が磨かれます)
3.長距離の練習をする場合、ロードやタータントラックだけでなく、クロスカントリーや芝生、砂浜などで行うこと。(故障予防と不整地を走ることによりフォームが自然に改善されます)
4.普段から何処へ行くにも歩くことを心掛け、休みの日はゲームをしないで、山歩きなどを行うこと。(ゲームをしない人ならゴメンナサイ)

はっきり言って即効性は全くありませんが、将来に向けては絶対に必要なことです。
最低限これらのことを継続すれば、体が出来上がる頃には自然に良いフォームが身につきます。
ピョンピョン跳ねるということは、それだけ素質があることだと思いますし、今の段階で変にいじることをしないで、それがむしろ長所であることを教えてあげて下さい。
普段の練習も、今は好きなように走らせてあげましょう。やりたくなければ休んでもいいし、スピード上げたければ、好きなように上げてもいいと思います。なるべく嫌いにならないで長続きできるような方法がベストだと思います。

最後になりますが、私のアドバイスは極端なことが多く、今回も駅伝大好きママさんのご期待に添える内容ではなかったかもしれませんし、逆にお困りになったかもしれませんね(汗)
ただ息子さんもまだ小学5年生ですので、あまり細かいことに拘らず、普段の姿勢や規則正しい生活など基本的な事を教えるだけで良いと思います。また今後息子さんが成長されて、何かお困りのことがありましたら、それに合わせたアドバイスをさせていただきたいと思います。
(その日までこの質問コーナーが存続しているかどうかは誰にも分かりませんが・・・)

#練習後、ふくらはぎばかり筋肉痛になります。#

[ハンドルネーム] T.N.
[性別] 男性
[質問] 毎回ご回答ありがとうございます。
今回もフォームのことになります。練習後、ふくらはぎばかり筋肉痛になります。おそらく臀部の大きい筋肉を使えずにふくらはぎの小さい筋肉ばかり使っているからだと思います。どうしたらいいでしょうか?
ご回答お願いします。

#
こんにちは。
ふくらはぎが張ってしまうのは、体幹部を使った動きができていないこともありますが、レース後半などきつくなるとどうしてもふくらはぎで蹴ってしまうので、ある程度仕方のないことではあります。
ただ体幹部を使えるようにするには、練習前に腹筋や背筋、股関節や臀部に刺激を入れてから走ると、その感覚を掴みやすくなります。 あとは硬い路面ばかり走らず、地面の柔らかいところを選んで走ることにより、体重をしっかり足に乗せることができ、蹴らないで進む感覚が得られると思います。
あとはバウンディングなどのジャンプ系のドリルなども非常に効果的ですので取り入れてみて下さい。

#左足のみ着地の際にシューズと路面の摩擦音がします。#

[ハンドルネーム] ちゃーりー
[性別] 男性
[質問] 毎回、大変丁寧なご回答をいただきありがとうございます。以前、投稿させていただいた初心者の者です。
今回は、フォームについて質問をさせていただきます。ランニングをしていると、着地の際にシューズと路面との摩擦音が左足のみ、「キュッ、キュッ」と鳴ります。(現在、初心者向けのニューシューズを使用しており、特にタイル状の路面の時に鳴ります)右足は鳴りません。
摩擦を起こしているのは、シューズの減り方や自分の感覚から「左足かかとの外側寄り」だと思います。これにより、抵抗が生まれて推進力を減退させているように感じています。自分としては自然な足の運びをしているつもりでしたが、悪い癖なのかと思います。どのような点に気をつければ、摩擦を減らせるような良い足の運びに改善できるでしょうか?
これまでは10キロ走が中心でしたが、今後、ハーフ、30キロと距離を延ばしたいと思っていますので、スタミナ温存のためにもロスの少ない走りを目指したいです。アドバイスをどうぞよろしくお願いします。
追伸:目標としていた、つくばマラソン(10キロ)では、自己ベスト43分(ネットタイム)が出せました。5月にジョギングから始めて、まさか秋に40分台で走れると思っていませんでした。コーチのアドバイスが心強かったです。本当にありがとうございました!

#
こんにちは。
また自己記録を更新されたのですね!おめでとうございます!
このようなご報告をいただき、私も嬉しく思います。
さて、接地の際に音がするとのことですが、私自身もありましたし、選手の中にもたまに見受けられます。
原因として考えられるのは、足にシューズが合っていない場合や(足の大きさは左右で微妙に違いますので、左足のみ合っていない可能性があります)、体調が悪く、体の動きが悪い場合などが考えられます。
我々の場合、シューズは足型に合わせた別注品のため、サイズ違いの対策は立てられますが、一般ランナーの場合は左右サイズの違うシューズを購入することは現実的ではありませんので、例えばいろいろな種類の靴下(厚手のものや滑り止めの有無など)を試して、自分の感覚に合ったもので対応すると良いのではないでしょうか?
シューズの減りについても、おそらく大多数の方が踵の外側が減りますので、それほど気にする必要はないと思います。
摩擦を減らすフォームと言うのは難しいかもしれませんが、フォームの基本は体幹部を中心に使い、下肢で蹴らないで進むようにすることですので、練習前に腹筋、背筋などの補強運動で軽い刺激を入れてから練習を行うことや、アスファルトばかりではなく、路面の柔らかい場所(クロスカントリーなど)を選んで走ることでより効率的なフォームが身につくと思います。

#顎が上がって胸が反り気味なランニングフォームになっています。#

[ハンドルネーム] T.N.
[性別] 男性
[質問] 以前質問させてもらったT.N.です。
あれからベストが出ました!
亀のように歩みは遅いのですが少しずつ成長していきたいと思うのでこれからもご回答よろしくお願いします。
さ前回の質問で、フォームがおかしいという質問をさせてもらいましたが、やはり治らず、顎が上がって胸が反り気味に(前傾姿勢がとれない)なっています。わかる範囲でいいので原因を教えていただければと思います。
お返事お願いします。

#
こんにちは。
まずは自己新記録おめでとうございます!
記録の更新は次へのモチベーションに繋がりますので、少しずつで構いません、自分のペースで自己ベストを目指して下さい。
さて、前回の質問にもありましたフォームの件ですが、繰り返しになりますが、まだ陸上を始めたばかりですので、これから体の成長とともに練習を積んでいくことで、徐々に効率的なフォームが身に付きます。
しかもフォームというのは、頭で考えイメージしながら練習しても、なかなか自分の思う通りにはいかないことの方が多いです。(ただし、イメージすることは非常に大切です)
例えば私たちの場合、選手自身に欠点を指摘することもしますが、強制的に動きを変えることで、フォームを改善します。
具体的にはT.N.さんのように上半身が反ったフォームの場合、上り坂を使ってジョックやダッシュを行うことで、自然に前傾が取れるように指導します。(反って走ったら上れませんよね)
ですので、普段の練習を平坦な場所ではなく、クロスカントリーなど起伏のあるコースを走り、特に上り坂などを利用すると、自然に前傾が身に付くと思います。
あとは腹筋や背筋、腕立て伏せなど、基本的な補強運動を行うことで体幹部をしっかり鍛えるようにしましょう。
ただし最初に申しましたように、まだまだ成長期でもありますし、無理に矯正することで故障してしまったら何もありませんので、焦らず練習を続けるようにして下さい。

#ランニングフォームを気にしすぎてフォームがバラバラになってしまいます。#

[ハンドルネーム] ふーすけ
[性別] 男性
[質問] こんにちは、39歳 走暦1年8ヶ月です
よろしくお願いします。
ランニングフォームが安定しません
腕は肘をひくように、肩はリラックスして、視線は落とさず・・・等 色々考えながら走ってると自分の走りができないというか、あっちを意識するとこっちが気になって、こっちを意識すると他のところがきになってしまって、フォームがバラバラになってしまいます。
大会などではあまり気にならないのですが普段の練習で気になってしまいます。フォームを気にしすぎなのでしょうか?

#
こんにちは。
ランニングフォームについてあまり深く考なくて良いと思います。
他のことでもそうですが、あまり頭でっかちになってしまうと体は動きません。
いろいろなことを考えるよりは一つのことに集中してみましょう。
たとえばリラックスするだけとか、視線だけとか。
全ては連携していますので、何か一つ自分のポイントを掴むことで、結果的に他のこともできるようになると思います。
実力がつくことで自然に良いフォームへ変化していきますから、フォームのみに固執することなく、全体的なレベルアップを図ってみて下さい。

#キック力の弱さの改善方法と足の絞り方を教えて下さい。#

[ハンドルネーム] スティッチ
[性別] 女性
[質問] 大学生です。現在は記録会などで5000mを主に出ています。実力はまだまだです。監督からキック力が弱く、ただ足を置いているだけの走りだと言われますが、改善方法を教えてください。
あと、練習は、距離を踏んでいると思うんですが、なかなか足が絞れず悩んでいます、あとは何をしたら体や足が絞れてきますか?

#
実際にスティッチさんのランニングフォームや体型を見てみないとわからない部分はありますが、想像しますとキック力が弱いというより、腹筋や背筋など全体的な筋力がないのではないかと思われます。
走るトレーニングだけでなく、腹筋、背筋、腕立て伏せなどの補強運動を最低2日に1回は行いましょう。
キック力を強くするより、体幹部のパワーを足に伝えるというイメージのほうが良いと思います。
あと足を絞るにはゆっくり距離を踏むだけでなく、やはり質の高いインターバルなどで筋力や内臓を追い込まないと絞れてこないでしょう。
質の高いトレーニングを行う→足が絞れる→足が絞れることによってさらに質の高いトレーニングができる→さらに足が絞れる→記録が更新できるこのスパイラルに入れるよう頑張っていきましょう!
ただし、足を絞るにも栄養はきちんと摂取し、マッサージなどの体のケアも十分に行ってください。

コニカミノルタ陸上競技部磯松監督のQ&A

  • いざ世界へ! 走り続けるコニカミノルタ陸上競技部
  • コニカミノルタ ランニングプロジェクト YouTubeチャンネル

※Facebookにログインしていない場合は、Facebookの記事が表示されません。ご了承ください。

ページトップへ戻る