石井保子写真展「特急電車64号」

展示概要

作者コメント

電車の窓から外の景色をデジタルカメラで撮影した作品です。西武新宿線(埼玉川越—東京新宿)の始発駅から終点駅までを規則的にシャッターを切り撮影しています。始発駅はわたしが住む町で、終点駅は仕事に出向く街です。慣れ親しんでしまい意識することのない通勤電車からの景色を、もっとよく見てみたいと思いました。

窓外を流線のように流れる光景をカメラは捉えてくれます。それらの画像を見たときにわたしが感じる、自分が住む場所、行き来する街への愛情とも憂鬱ともつかない感情は、取りこぼしてしまうにはなにかもったいないもの思えるのです。今回は、ある冬の日に乗車した特急電車の43分間を時系列に展示する予定です。

作者プロフィール

石井 保子(いしい やすこ)

1976年
埼玉県生まれ
1999年
東京女子大学文理学部社会学科卒業

個展

2010年3月
「群青の午後」 PlaceM
2012年
9月/11月
juna21「houses」 新宿ニコンサロン/大阪ニコンサロン

グループ展

2012年5月
「ROOMS floor-01 Portfolio exhibition」PlaceM
2013年3月
「ROOMS floor-02 Portfolio exhibition」M2ギャラリー
2014年
10月~11月
「西根ナーレ2014」山形県長井市西根地区
2015年4月
金村修ワークショップ企画展「Repeat After Me vol.03」
森谷雅人×石井保子「KAWASAKI/KAWAGOE」ALTERNATIVE SPACE The White

作品集

2013年から現在まで郊外の家を撮影し続けるシリーズ「houses」を第1号〜5号まで、車窓から撮影するシリーズ「passive wiondows」を第1号〜2号まで制作・頒布

展示作品

カラー A0 約20点(予定)

同時開催

運営終了のお知らせ

当館は2017年1月23日を以って運営を終了しました。長い間ご愛顧いただき、本当にありがとうございました。

ページトップへ戻る