中村征夫写真展「琉球 ふたつの海」

琉球ふたつの海中村征夫写真展2016.10.29SAT-11.24THUKONICA MINOLTA PLAZA Gallery B&C 入場無料 期間中無休
中村征夫写真展 琉球ふたつの海
2016.10.29SAT-11.24THU KONICA MINOLTA PLAZA Gallery B&C 入場無料 期間中無休

開催概要

過酷な漁を続ける海人ウミンチュのドラマと、
海の生命たちの⼀瞬の輝きを⼀挙展示!

写真家・中村征夫⽒が、それぞれのテーマで撮影に取り組んだ最新写真集『遥かなるグルクン』と『美ら海 きらめく』(ともに⽇経ナショナル ジオグラフィック社)。今回、コニカミノルタプラザでは「琉球 ふたつの海」と題し、その2冊の写真集に収められた作品を⼀堂に集めた写真展を開催します。

  • 遥かなるグルクン

    沖縄県民に親しまれ、食されている“県魚”グルクン。しかし、それがアギヤー(追い込み漁)という過酷な漁法で捕獲され、そこに想像を超える人間ドラマがあることはほとんど知られていません。厳しい試練を乗り越え、魚群を追い続ける海人(ウミンチュ)たちの日常をモノクロ写真でとらえた作品を展示します。

  • 美ら海 きらめく

    沖縄の海の美しい景観は、乱開発で損なわれた時代を乗り越え、いま、陽光にきらめく珊瑚礁がよみがえるまでになりました。長く沖縄の海を撮り続けてきた中村氏が「これこそが真の琉球の海の姿なのだ」と感じ、撮り下ろしたクジラやマンタ、愛らしい生きものたちの⼀瞬の輝きを展示します。

  • ©Ikuo Nakamura
  • ©Ikuo Nakamura
  • ©Ikuo Nakamura

ご紹介動画

イベント

トークイベント◆中村征夫トークショー

  • 【第1回】10月30日(日) 14:00~15:00
  • 【第2回】11月11日(金) 19:00~20:00
  • 【第3回】11月19日(土) 14:00~15:00
場所 コニカミノルタプラザイベントスペース
参加費 無料
定員 50名
*定員を超えた場合は、お立見となります。
*お立見は、会場の都合により入場をお断りさせていただく場合もあります。
参加方法 先着順
*イベント開始の1時間前から、整理券を配布します。(お1人様1枚。)
*開始の1時間以上前であっても、定員に達し写真展運営に支障をきたすと判断した場合は配布を開始します。

中村 征夫(ナカムラ イクオ)

1945年秋田県昭和町(現・潟上市)生まれ。19歳のとき神奈川県真鶴岬で水中写真を独学で始める。撮影プロダクションを経て、31歳でフリーランスとなる。1977年東京湾にはじめて潜り、ヘドロの海で逞しく生きる生きものに感動、以降ライフワークとして取り組む。数々の報道の現場の経験を生かし、新聞、テレビ、ラジオ、講演会とさまざまなメディアを通して海の魅力や海をめぐる人々の営みを伝えている。2009年秋田県潟上市にフォトギャラリーブルーホールを開設。

写真家 中村征夫公式ページ

http://www.squall.co.jp/ (別ウィンドウで表示されます)

中村 征夫(ナカムラ イクオ)

同時開催

運営終了のお知らせ

当館は2017年1月23日を以って運営を終了しました。長い間ご愛顧いただき、本当にありがとうございました。

ページトップへ戻る