増田 新 写真展「伊豆」

展示概要

作者コメント

伊豆半島は、本州の山間地がそのまま海に突き出た所です。
東京から近いけれども、気候は少しおだやかで、古くから海に関わった暮らしをして、少しの平地にある温泉地とたくさんの海が、人を惹きつけてきた場所です。
都会から離れた大抵の都市は、今やその郊外の量販店に勢いを奪われ、静かに身を横たえていますが、ここは「地方都市」が、幾分か商業都市として機能している所です。
特別風光明媚な所があるわけではありませんから「絶対に行きたい」という人はいなくても、だからこそ東京の奥座敷として別荘では無く、同じ家の中にある気の置けない温泉地とか、庭のレジャースポットであり続け、海と共にここで生きる人と、都会から足を延ばした人の、幸せな関わりが続いているのかもしれません。

作者プロフィール

増田 新(ますだ・あらた)

1979年
東京都生まれ
2001年
コニカ フォト・プレミオ「湯の裏街」 コニカプラザ
2004年
日本大学芸術学部写真学科 卒業
フリーの写真家として活動を始める
「ニュータウンなひとびと」 コニカミノルタプラザ
2006年
「河と」 PUNCTUM
2009年
「屋上天国」 コニカミノルタプラザ
2013年
「房総」 コニカミノルタプラザ

展示作品

カラープリント A2 約40点

同時開催

運営終了のお知らせ

当館は2017年1月23日を以って運営を終了しました。長い間ご愛顧いただき、本当にありがとうございました。

ページトップへ戻る