林田真季 写真展「JAPAN-GO-ROUND」

展示概要

作者コメント

「JAPAN-GO-ROUND」は、日本の様々な地方の風景を、まるで外国のように写すシリーズです。
私たち日本人は、民族としての成り立ちから「本当の文化は外国にあるに違いない」という潜在意識があるそうです。しかし、この成熟した現代社会において学ぶべき文化は、外国ではなく、日本の原風景が残る地方にあると感じるようになりました。それは、2013年に長崎県・五島列島の小値賀を訪れ、「効率的で合理的な現代の都市社会だけが、決して豊かな暮らしではない」と気付いたことがきっかけでした。以来、豊かな暮らしを探しに各地をめぐり、日本の地方という”外国”の風景を撮り続けています。

作者プロフィール

林田真季 (はやしだ・まき)

1984年
兵庫県生まれ
2007年
関西学院大学 総合政策学部 卒業
2014年
International Photography Awards, Honorable Mention受賞
2015年
六甲山国際写真祭にて、Emerging Photographer選出
現在、TAP Galleryメンバー

展示作品

カラープリント A4、20×24インチ 約30点

同時開催

運営終了のお知らせ

当館は2017年1月23日を以って運営を終了しました。長い間ご愛顧いただき、本当にありがとうございました。

ページトップへ戻る