PHOKUS 写真展 「Land of Technology」

展示概要

作者コメント

2008年からハイテクの景色を探しに東京都と長野市の夜の探索をしてきました。
イギリスで育ちましたが、私の子供の頃の電子機器の多くは日本からのものでした。
私が想像していたように、日本が未来的であるのかどうか確かめたかったのです。
さて、7年間日本に住んだ今、私はここでの生活が他の先進国での生活よりも未来的であるとは思いません。
しかし、私の写真の中の日本はデジタルの未来の世界に変換されています。
これによって私の子供の頃に思い描いていた日本=ハイテクの国が写されています。

作者プロフィール

PHOKUS(フォーカス):Sam Pritchard(サム・プリチャード) 

1982年
イギリス生まれ
2004年
ウェストミンスター大学 写真芸術学科卒業
2005年~
2008年
ロンドンの建築写真スタジオ「CGP Design Ltd.」 でリタッチとして勤務
2009年~
長野県内の小学校のALTとして勤務
2010年~
2014年
インタラクティブ写真のプロジェクト「Phokus Archives」の実施

展示作品

カラープリント A3、4000mm×750mm 他 約35点

同時開催

運営終了のお知らせ

当館は2017年1月23日を以って運営を終了しました。長い間ご愛顧いただき、本当にありがとうございました。

ページトップへ戻る