現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2014年3月の展示
夏目安男 写真展「草原の風 SERUUN SALKHI」
content

夏目安男 写真展「草原の風 SERUUN SALKHI」

展示内容の詳細


作者コメント

抜けるようなモンゴリアンブルーの空、白い雲。ハーブの香りに満ちた草原がまるで海のように広がる。遊牧の国モンゴル。総人口281万人。馬200万頭、羊1,178万頭、山羊1,223万頭、牧草地が国土の80%を占める。
人々はこの豊かな自然と融合しながらチンギスハンの時代よりはるか以前から、遊牧民として生活し伝統、文化を形成してきた。家畜たちは大きな群れを作り、子どもたちは馬上で遊びながらゆったりと一日を過ごす。しかし、この草原にも、変化の波が寄せている。ゲルの屋根にはソーラーパネルやパラボラアンテナが立ち、鉄の馬で家畜を追い、携帯電話も草原の必需品になろうとしている。こうした生活様式の変化に加え、商品経済化の浸透が遊牧経営にも影響を与え、加えて、草原の砂漠化も急速に進んでいるのだ。
だが、私はこの草原で遊牧生活を送る草の民とともに馬を駆り、11年間にわたって撮影を続ける中で見えてきたものがある。彼らの生活様式がどんなに変化しても、長い年月のなかで受け継がれてきた彼らの誇りと草原への思いは決して変わることはないと確信した。
この美しい自然とともに、草原に暮らす魅力に満ちた彼ら草の民の姿を、草原の風SERUUN SALKHI(セルーン サルヒ)に乗せて伝えたい。

作者プロフィール

夏目安男(なつめ・やすお)

1950年東京都生まれ
1972年法政大学卒業
2011年個展『「私の通勤日記」―新砂・辰巳・夢の島―』アイデムフォトギャラリーシリウス
2012年40年勤務した株式会社きかんしを退社
2001年から2012年にかけて11回モンゴルに渡り撮影。モンゴル各地の草原、フブスグ、ムルン、テレルジ、ウランバートル近郊各地の草原を中心に撮影。
日本リアリズム写真集団会員。

後援

駐日モンゴル国大使館

展示作品

カラープリント 半切、全紙 約50点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
開館時間 10:30~19:00
(最終日は15:00まで)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ USTREAM コニカミノルタプラザ YouTube コニカミノルタプラザ チャンネル

ページトップへ戻る