現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2014年3月の展示
堀 光治 写真展「走れ、風のように。」~「新・家族写真」宣言2~
content

堀 光治 写真展「走れ、風のように。」~「新・家族写真」宣言2~

展示内容の詳細


作者の撮影ノートより

新たな試み

私は石川県の片田舎で写真館を営んでいます。写真館の写真と言えば、七五三や成人式などの祝い事に際して、お客様をスタジオ内の背景紙やセットの前で、おとなしく立って(あるいは座って)いるところを、撮影するが一般的です。

今回の写真展では、全作品にわたって、お客様を屋外で、そして走っているところを撮影した写真を集めました。
これらは、写真館の写真としては、珍しいものかもしれません。

きっかけは、カメラを向けられると緊張して、普段の自然な表情が出ないご家族でした。
苦肉の策で、家族で走っていただいたところ、素敵な笑顔を撮影することができました。
それ以来、屋外での撮影の際は、まず走っていただく事にしています。

最も印象に残ったこと

時には、カメラを持ったまま、被写体と一緒に走ります。
お子さんと鬼ごっこをすることもあります。
当然、ノーファインダー撮影になりますが、思ってもない斬新な光景が「写っていた」りするのです。
ブレやボケ、フレーミングやアングルの調和と不整合。
それらは、おそらくは計算して撮れるようなものではなく、偶然性によるところのものだと思います。
しかし、想像を超えたカットを手に入れる事が出来たときの驚きは、形容しがたいものです。
私自身の撮影時の密かな楽しみとなっています。

今後の作品制作について

写真館の写真は、人生の節目の「晴れの日」に撮る事が一般的です。
非日常的な式典があった事を記録する事が、写真館の第一の仕事です。
けれど私は、何にもない普通の日、普段着の家族写真を撮るのが好きです。
なぜなら、幸せというのは、日常生活の中に、そして気をつけていないと見逃してしまうところにあると思うからです。
いつまでも続くかのように感じている毎日の幸せは、残念であるけれど、永遠に続く事はありません。
でも、写真は幸せを冷凍保存してくれます。
私は日常の家族写真を撮り続けます。幸せを永遠にするために。


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
開館時間 10:30~19:00
(最終日は15:00まで)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ USTREAM コニカミノルタプラザ YouTube コニカミノルタプラザ チャンネル

ページトップへ戻る