現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2014年2月の展示
榎本聖一 写真展「パリ エッフェル塔」
content

榎本聖一 写真展「パリ エッフェル塔」

展示内容の詳細


作者コメント

約40年前、初めてパリを訪れて以来、頻繁にこの街に滞在した。人々の行き交う街路や広場、セーヌ河畔を彷徨して私を魅了する様々な光景にしばしば出会った。
その時々に、樹木や建物の彼方に垣間見える高さ300mの鉄塔は私を強く惹きつけてやまなかった。
エッフェル塔は、フランス革命100周年を記念して開催された1889年のパリ万国博覧会で、初めてその威容を現した。
当時、シャン・ド・マルスの会場を訪れた数多くの訪問客をエレベーターで上空に運び、誰もが体験したことのない高みから、歴史が幾層にも交差するパリの眺望を四方から思う存分堪能させた。
大衆の間で熱狂的な支持を得たが、一部の芸術家・知識人は、無用にして醜悪な塔で黒々とした巨大な工場の煙突だとか醜い骸骨だと酷評し、喧々諤々たる議論を引き起こした。
しかし、今ではパリの風景に無くてはならない存在になっており、パリ、さらにフランスの象徴としてのモニュマンの一つに数えられている。
その建設に当たり、技師グスターヴ・エッフェルは、フランス国内及び世界各地での鉄橋の設計・施工で培った豊かな経験を生かした。
合理的な計算に基づき、18,036個の鉄骨部材を使用し250万本のリベットを打って組み上げ、最も重要な風圧の問題を解決し、塔に十分な抵抗力を与えた。
その結果、エッフェル塔に、絶妙なバランスを備えた安定性と、優美でありながら力強い独創的な造形美を生み出した。
エッフェル塔の写っている一連の写真が、私の塔への深い愛情の表出であり、さらに塔と私の間の親密な交感の結晶としての作品となっていることを願うばかりである。

作者プロフィール

榎本聖一(えのもと・せいいち)

1949年東京都生まれ
1971年芝浦工業大学建築工学科を中退
2005年グループ展「写真:見ることは再び見ることである」トリノ市立近現代美術館/イタリア
2006年個展「永遠の時 榎本聖一のサルデ-ニャ」カリアリ市立文化センター/イタリア
2007年個展「永遠の時 島国サルデ-ニャ」 銀座ニコンサロン
2008年個展「都市のポートレート:ヴェネツィア」ギャラリーパンジェア/イタリア・パドヴァ
2010年個展「ヴェネツィア」コニカミノルタプラザ

出版

2005年三行韻詩「少年と風」マウロ・オリビィエリ(オシンカ出版/イタリア・ボーサ)
2006年図録「永遠の時 榎本聖一のサルデ-ニャ」(カリアリ市立文化センター/イタリア)
2014年「パリ エッフェル塔」(冬青社)

展示作品

モノクロプリント 四切、大四切 約80点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
開館時間 10:30~19:00
(最終日は15:00まで)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ USTREAM コニカミノルタプラザ YouTube コニカミノルタプラザ チャンネル

ページトップへ戻る