現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2014年2月の展示
奥田倉之 写真展「桜咲く日」
content

奥田倉之 写真展「桜咲く日」

展示内容の詳細


作者の撮影ノートより

撮影の前に

桜の咲く頃、日々の生活風景に、いつもの私達の生活圏内に、彩りを与えてくれる桜が好きで、毎年、日常生活の中からカメラを向け、旅にも出ました。様々な桜を見、目立たずとも力強く咲く桜に出会えれば嬉しくなり、そんなタイプの桜が人々に囲まれているとまた嬉しくなり、記憶記録してきました。また、春に咲き誇る桜達は私達日本人をどんな風に見ているのだろうか。過去の記憶の落とし物をさがしつつ未来に希望を、目の前の景色が様々な事を教えてくれる事を期待しつつカメラを向けてきました。

最も印象に残ったこと

桜の木の下で、出会いもあれば別れもあると思います。特に日本人にとって、音楽、絵画に桜を題材にしたものも多く、良い意味でも悪い意味でも桜が登場する機会が多いように感じます。10年ほど前、グループ展で出会ったある写真家と偶然、桜の木の下で花見の会で再会しました。撮影に来ていた僕も交えて、お花見に参加させてくれました。楽しかった。そして偶然にも花見をしていたメンバーは、ある撮影会社の、私が請け負っている会社の別エリアで仕事をされているカメラマン達、その後、 私も、お花見で出会ったメンバーとも仕事をし、今でも長い付き合いをさせていただいています。桜の木の下で縁をつないでくれた写真家はもういません。彼は多くの写真作品をたくさん残し、多くの縁も残してくれました。彼の桜をテーマにした写真を、もう一度見てみたい。

作品エピソード

桜の撮影で長崎から札幌まで訪れました。旅に出る時の多くは目的地を決めつつその後は気の向く方角に進み、カメラの高さはほぼ常にアイレベル、気になる場所が見つかると2時間でも3時間でも気持ちが動くまで待機、そんな事もたくさんあったように思います。車で移動中の撮りたい光景、なかなかの駐車場の確保、毎回苦労します。私に限らず皆同じだと思いますが、小さな撮影の日々の悩みです。


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
開館時間 10:30~19:00
(最終日は15:00まで)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ USTREAM コニカミノルタプラザ YouTube コニカミノルタプラザ チャンネル

ページトップへ戻る