現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2014年8月の展示
近藤 篤写真展「ボールピープル」
content

近藤 篤写真展「ボールピープル」

KONICA MINOLTA PRESENTS SUMMER OF FOOTBALL コニカミノルタプラザ特別企画展 近藤篤 写真展 ボールピープル 2014/8.16[土]-9.8[月] 10:30-19:00(最終日は15:00まで)会期中無休
  • 開催概要
  • イベント

開催概要

サッカーを通して世界を覗き、
世界を見ることでサッカーが見えてくる

近藤篤氏は、「スポーツ・グラフィック ナンバー」などの雑誌で活躍するほか、世界各地のサッカーを愛する人々をテーマとした写真とエッセーによるフォトブックや写真集で高い人気を誇っています。2013年に刊行したフォトブック『ボールピープル』は、第1回「サッカー本大賞」に選ばれました。

本展は、サッカーをテーマに、2つの展示をご覧いただきます。

(1)近藤氏自身が選定した、世界中の“ボールピープル”たちの写真をエッセーなどの文章と組み合わせた展示
(2)サッカーワールドカップを約40 日間にわたって現地取材し、本展のために試合以外の場で撮り下ろした新作中心の展示

「サッカーを通して世界を覗き、世界を見ることでサッカーが見えてくる」と語る近藤氏の世界を、この機会に是非お楽しみください。

関連リンク

Number Webに当展示の記事が掲載されました。近藤篤氏のボールピープルに対する思いが綴られています。合わせてご覧ください。

Number Web “ボールピープル”を通して変わりゆく世界を見つめる。
 http://number.bunshun.jp/articles/-/821425 (別ウィンドウで表示されます)

展示イメージ:ユノハナガニ / オオナミカザリダマ ©Yoshihiro Fujiwara/JAMSTEC
  • サッカー本大賞とは

    「良質なサッカー書籍が、日本のサッカー文化を豊かにする。良い本はサッカーの見方を豊かにしてくれる。また、日本でサッカーがナンバー1スポーツになり、世界に誇れるサッカー文化を築いていくためには、高い志と情熱をもって作られた良質なサッカー書籍がもっともっと多く世に出て、多くの人に読まれて欲しい。」そうした思いが出発点となり創設された賞(主催:カンゼン/協賛:双葉社、白水社)。

イベント

近藤篤氏×水沼貴史氏 トークショー

日時 2014年8月17日(日) 14:00~15:00
場所 コニカミノルタプラザイベントスペース
参加費 無料
定員 50名
*お申込みが定員数を超えた場合は抽選となります。
参加方法 お申し込みは終了しました

*キャンセルが出た場合は、当日12:00より当日券を先着順にて配布いたします。(おひとり様1枚)

*コニカミノルタプラザは8/11(月)~8/15(金)は夏季休館日とさせていただきます。予めご了承ください。

受付期間 2014年7月25日(金)~8月5日(火)
当選連絡 2014年8月6日(水)
*当選者の方にメールにてご連絡。
*メールが届かない場合は落選となります。

イベントの様子は「USTREAM」にてライブ中継いたします。
 コニカミノルタプラザUstreamチャンネル  (別ウィンドウで表示されます)

近藤篤氏×涌井健策氏 トークショー

日時 2014年8月31日(日) 14:00~15:00
場所 コニカミノルタプラザイベントスペース
参加費 無料
定員 50名
参加方法 先着順
*開演2時間前より会場にて整理券を配布。

イベントの様子は「USTREAM」にてライブ中継いたします。
 コニカミノルタプラザUstreamチャンネル  (別ウィンドウで表示されます)

近藤 篤  Atsushi Kondo

近藤 篤  Atsushi Kondo1963年 愛媛県今治市生まれ。上智大学外国語学部スペイン語学科卒。 1986年 大学卒業後、中南米に渡り、アルゼンチンのブエノスアイレスにて写真を撮り始める。 1994年 帰国。
「スポーツ・グラフィック ナンバー」などの雑誌メディアを中心に、サッカー写真、人物ポートレイト、紀行ものなどを発表。著書にフォト・エッセー『木曜日のボール』、写真集『ボールの周辺』、新書『サッカーという名の神様』(いずれもNHK出版)がある。
2013年にフォトブック『ボールピープル』(文藝春秋)刊行。同著にて、第1回サッカー本大賞を受賞。FMラジオ番組への出演、トークショー開催なども行っている。

水沼 貴史   Takashi Mizunuma

水沼 貴史   Takashi Mizunuma1960年生まれ。1983年日産自動車サッカー部へ入部後、テクニック溢れるドリブラーとしてウィングや攻撃的MFとしてプレー。
1983年、 1985年の天皇杯優勝をはじめ、1988、1989シーズンの2年連続三冠に貢献し、日産の黄金期を築いた。また、1984年から1989年の5年間、日本代表として活躍した。現在は、Jリーグ解説や雑誌・新聞でのコメンテーターを務める傍ら、サッカークリニック・講演会等で活動中。

ページトップへ戻る