content

エコ&アートアワード2012作品展

『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012』作品展 supported by pen KONICA MINOLTA PLAZA ギャラリーB&C 入場無料 2012.3.4SUN ~ 3.22THU 10:30~19:00 ※最終日3月22日(木)は15:00終了

会場レポート

展示の様子

ギャラリーB&Cで作品制作

「KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012作品展」に先立つ3月某日、その会場となるギャラリーB&Cにて総勢39組の入選者のみなさんによる作品制作が行われました。午前中、すでに集まった数組の入選者の方々がスタッフの誘導を受けて会場入りし、各自のブースで展示作業をスタート。ひとりでじっくり作業する人もいれば、仲間とミーティングしながら進める人もいて、作品同様にバラエティに富んだ作業風景が展開されました。

午後からはさらに作業する人の数が増え、夕方に近づくころには、ほとんどの入選者が会場に集合。全員が一斉に作業するには少しスペースが狭いように思えましたが、それでもお互いに気を配りあって作品づくりに励まれていたようです。展示物の大きさや作業のやり方などはそれぞれに違うけれど、みなさんの作品へ込める思いが共通していたからでしょうか、会場内には不思議なほどの“一体感”が生まれていたように思います。

設営スタッフのサポートのもと、個々に作品のライティング調整を行い、本日の展示作業はほぼ終了となりました。完成した展示を前に、入選者の方々はお互いの作品のことを話したり、写真に収めたりしながら、それぞれの時間を過ごしていました。また、媒体社の方も取材に来られ、個々の作品を撮影するとともに、作者本人や会場スタッフからお話を聞いたりしていました。

本日の最後は、入選者のみなさんをはじめ、審査員や協賛各社の方々など各関係者をお呼びしてのレセプションを行いました。昨年の東日本大震災に触れてのご挨拶を多くいただき、中でも審査員の安藤貴之さん(雑誌Pen 編集長)が復興支援としての“クリエイティブの力”について話されていたのが印象的でした。また今回は、レセプションの場をお借りし、クラスをあげて応募課題に取り組み見事入選を果たされた「東京都立稔ヶ丘高等学校」のみなさんに、コニカミノルタプラザから感謝状をお贈りする機会を設けさせていただきました。

展示会場が完成

ビジュアルアーツ部門21作品(ギャラリーC)とプロダクト&コミュニケーション部門9作品(ギャラリーB)。そして、3.11を受けて新設されたネクストアクション部門9作品(ギャラリーB)の全39作品が勢ぞろい。震災復興の流れを反映して、今回はいつも以上にメッセージ性が強く、過去3回にも増して「アートの力」を感じる展示となりました。いい意味で刺激を与えてくれる作品ばかりですので、ぜひ一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

募金にご協力いただくと、審査員であるREBIRTH PROJECT代表で俳優の伊勢谷友介さんデザインの記念バッジが付いた投票券をお渡しいたします。気に入った作品や感動した作品がありましたら、作品横の牛乳ビン(投票箱)に投票してください。投票の多かった作品は3月20日(火・祝)のグランプリ発表会で「あなたが選ぶオーディエンス賞」として表彰されます。環境のこと、そして日本の未来のことを考えながら、見て・参加して・楽しめる今回の作品展に多くの方々のご来場をお待ち申し上げております。

グランプリ発表会

3/20(火・祝)グランプリ発表会にて、受賞者が決定!!

各部門のグランプリ、準グランプリ、オーディエンス賞と審査員特別賞、協賛社特別賞受賞者が、3月20日(火・祝)のグランプリ発表会にて、決定しました!
※グランプリ発表会の様子は「USTREAM」にてご覧いただけます。

コニカミノルタプラザUstreamチャンネル  (別ウィンドウで表示されます)

ビジュアルアーツ部門

グランプリ
WE are the JAPAN(古川真直)

準グランプリ
air plant(佐藤みのり)

オーディエンス賞
リサイクル・アニマル(安藤はるか)

プロダクト&コミュニケーション部門

グランプリ
玉響-たまゆら-(NOTE(青木大輔/樋口太郎))

※ネクストアクション部門でのご応募でしたが、審査員間の審議の結果、プロダクト&コミュニケーション部門のグランプリとなりました。

準グランプリ
eneMAL(松田優)

オーディエンス賞
Happy Rebirthday!(SMARAG 吉岡佑二/浜崎美保)

next ACTION部門

グランプリ
RIP lamp(株式会社Freeing 竹澤葵)

※プロダクト&コミュニケーション部門でのご応募でしたが、審議の結果ネクストアクション部門のグランプリとなりました。

準グランプリ
Denki no tobira(進藤篤)

オーディエンス賞
再/生(中川真知子)

審査員特別賞

安藤貴之審査員特別賞 (ビジュアルアーツ部門)
雪どけ(櫻庭芽生夢・現:芽生夢)

廣田尚子審査員特別賞 (ビジュアルアーツ部門)
お か え り (屋木はるか)

ミヤケマイ審査員特別賞 (ネクストアクション部門)
引越しと定住を繰り返す生活(仮)(村上慧)

伊勢谷友介審査員特別賞 (ビジュアルアール部門)
海(原麻奈美)

協賛社特別賞

J-WAVE賞
RIP lamp(株式会社Freeing 竹澤葵)

IDÉE賞
Happy Rebirthday!(SMARAG 吉岡佑二/浜崎美保)

昨年度の展示会風景

昨年度の展示会風景

  • 開催概要
  • 展示内容
  • 会場レポート
エコ&アートアワード 2012 トップへ戻る

ページトップへ戻る