content

エコ&アートアワード2012作品展

『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012』作品展 supported by pen KONICA MINOLTA PLAZA ギャラリーB&C 入場無料 2012.3.4SUN ~ 3.22THU 10:30~19:00 ※最終日3月22日(木)は15:00終了

開催概要

今年も開催、若手作家によるエコ&アートの祭典!!

昨年の展示会場風景昨年の展示会場風景です。

コニカミノルタプラザは、2012年3月4日(日)~3月22日(木)の19日間、同プラザギャラリーB&Cにおいて『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2012 supported by Pen』作品展を開催いたします。

コニカミノルタが運営するギャラリースペース、コニカミノルタプラザ(東京都・新宿区)は“環境と芸術を融合させたアイデア・デザイン”をテーマとしたアートコンペ「KONICA MINOLTA エコ&アート アワード 2012 supported by Pen」の作品募集を行い、この度279件の応募作品のなかから厳正なる書類審査の結果、『ビジュアルアーツ部門』21作品、『プロダクト&コミュニケーション部門』9作品、『next ACTION部門』の9作品、計39の入選作品を決定いたしました。

今回で4回目をむかえる本展では、『next ACTION部門』が新たに加わりました。苦境、逆境から日本を救うために、アートの力を活用したいという想いのもとに設立された部門です。3.11の事象を深く追求した作品、日本の復興や未来への扉をあけるアイデアをご覧いただけます。
また、審査員には安藤貴之氏(雑誌Pen 編集長)に、新たに廣田尚子氏(プロダクトデザイナー)、ミヤケマイ氏(美術家)、昨年に引き続き、「REBIRTH PROJECT」代表の伊勢谷友介氏を迎えました。なお、東日本大震災復興支援活動についても精力的に行っている「REBIRTH PROJECT」は、『next ACTION』部門の審査協力として参加していただき、復興につながる優れたアイデア・作品を見出します。

Pen Online (別ウィンドウで表示されます)

REBIRTH PROJECT (別ウィンドウで表示されます)

そして、各賞としましては昨年同様、IDÉE(株式会社イデー)ならびにJ-WAVE 81.3FM(株式会社J-WAVE)に、<協賛社特別賞>を協賛いただきました。

IDÉE協賛社特別賞
IDÉE SHOP Midtownまたは新丸ビルDélier IDÉEにてアートワークの発表。
IDÉE ウェブサイト (別ウィンドウで表示されます)

J-WAVE協賛社特別賞
J-WAVEオリジナルプレミアムグッズのデザイン制作
J-WAVE ウェブサイト (別ウィンドウで表示されます)

penがサポート! 昨年の入賞作品(一部)はPen(2011年5月1日号)で掲載されました。

審査員コメント(敬称略)

  • 安藤貴之(雑誌Pen 編集長)

    「4回目を向かえたエコ&アート アワードですが、今回の応募作品には、メッセージ性の高いものが多いと感じました。これは、3.11の影響も多分にあるかと思います。時代と真摯に、そして前向きに向き合っている印象で、できあがってくる作品が楽しみです」

    pen

  • 伊勢谷友介(REBIRTH PROJECT代表)

    「私にとって2012年は、人類の大いなる変化において、非常に大切な年だと思っています。現在のクリエーターは、“地球環境”という絶対的なレギュレーションに適応し、継続性を持つアイデアであることが必然です。同時に人々を魅了するものでありたい。つまり我々人間の生活において、クリエイションはより一層の洗練を提案することが求められるのです。今、クリエーターの本質を問われる時代だと思います。皆さんの知恵が次の人類の生活を作るんです。人類が地球に生き残る。その一助となる提案となりますように。」

    伊勢谷友介(REBIRTH PROJECT代表)photo by Kazuhisa Hatanaka

  • 廣田尚子(プロダクトデザイナー)

    「昨年の震災を経て、心の底から伝えたい、芯の通ったメッセージ性の高い作品が多くありました。実際の展示を見るのが楽しみな作品が多々ありました。そのメッセージに引けを取らない、力のこもった表現を期待しています。」

    廣田尚子(プロダクトデザイナー)

  • ミヤケマイ(美術家)

    「エコ+それぞれの部門(ネクストアクション、プロダクト、ビジュアル)のコンセプトがきちっと反映されそうなものを選ばせて頂きました。審査を通過した方はこれからどうやって展示をするかを煮詰めていってほしいです。未来を変えていくための作品に出会える機会を頂けたのは光栄です。」

    ミヤケマイ(美術家)photo by Tomoko Sengoku

  • 開催概要
  • 展示内容
  • 会場レポート
エコ&アートアワード 2012 トップへ戻る

ページトップへ戻る