現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
過去の展示
2011年6月の展示
フォト・プレミオ 小松里絵 写真展
content

小松里絵 写真展

展示内容の詳細


作者の撮影ノートより

撮影の前に

毎日写真を撮る。いつどこで出会うかわからないので、カメラは常にかばんの中にある。フィルムは多いときで5本。少ないときでも3本の予備。
写真を撮るぞと出かけるときと、何気なく歩いているときと、写真に差はない。
そこに撮るものがあれば撮るし、撮りたくないなら無理には撮らない。
写真をはじめて8年目、今の私と写真とはそういう関係である。

最も印象に残ったこと

よくある出来事。シャッターを押すと「みせて」といわれることがなんとも多いこと。そして、「撮り終わったからちょっと待っててな~」といいながらのフィルムチェンジにもかかわらず、「それなぁに?」とカメラとフィルムを不思議そうな顔で覗き込んでくるこどもが多かったこと。
『カメラで写真を撮る=すぐに見られる』というデジタル時代のこどもたちには、フィルムカメラは、それはとても不思議な機械に見えたに違いない。
そういう時は「ごめんなー。このカメラ、すぐに見られないようにできているねん。あとのお楽しみ、やで」とだけ伝えている。

作品エピソード

カメラを構えながら、こう動くだろうと予想することの多くが予想から外れる。知識と経験を携えてしまった私は、ものの見方が、小さく狭くなったものだなと、被写体の彼らからたくさん教わる。なので、構えて、息をひそめて、動くのをじっと待つという感じではなく、彼らが動き出したその瞬間を狙う。
あっ!と思ったらシャッターを切る。同じ空気を共有する。
なので、静も動も彼らにはその一瞬にしか過ぎない。その一瞬一瞬をひとつでも多く残していきたいと思う。

作者の製作現場からトップに戻る


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ

ページトップへ戻る