content

森住 卓 写真展


作者コメント

「山が動いた」と被災者たちが表現したマグニチュード7.6のパキスタン北部地震から5年が過ぎた。死者9万人以上、被災者は250万人に上った。この地域はユーラシアプレートとインド・オーストラリアプレートの境界にあたり、地震の頻発地帯となっている。同時にインド、パキスタンのカシミールの領有を巡り、軍事的に揺れ動いている地域でもある。
パキスタン・カシミールの中心地でもっとも被害の大きかったムザファラバード、インドカシミールの国境の村チャコティー、震源から西に20キロのバラコット。ここからさらに山奥のハングライ村やヌーリー村を訪ね歩いた。地震の翌年正月、ハングライ村を訪ねた。入り口の町バラコットから雪道を徒歩で向かった。途中、日が暮れかけた頃、「うちに泊まっていけ」と青年が声をかけてきた。新婚ほやほやの若夫婦が住む、バラックの掘っ立て小屋だった。質素な夕食後、夫は「布団がないので一緒に寝よう」と言った。雪が隙間から吹き込んで、足先がしびれる程冷たいのになぜか心は温かだった。
翌日、昼頃ハングライ村に着いた。村人の多くが村を離れ都会に出て行った。村を捨てられずに残っている人々は雪の中で懸命に生きていた。再開された小学校では、たった一人の先生が子供たちに勉強を教えていた。家族や友達を地震で失った子供たちにもようやく笑顔が戻り始めていた。取材を終えて村を去る日、長老が村のはずれまで見送りにきてくれた。「春になったら村中がアンズの花でいっぱいになるから、また村に来いよ」と言いながら、大きく膨らんだビニール袋を土産にくれた。開けてみるとクルミだった。昨年の秋に蒔いた小麦が地震で全滅し、確実に食糧不足になる。クルミは村人の重要な食料になるはずだ。その「命のクルミ」を土産に持ってゆけという。自然とともに暮らす人々の心の温かさや優しさを感じた。凍てついた真冬の山の中で心が解けていくようだった。日没の迫った谷間に祈りの時を告げるアザーンの声がこだました。

作者略歴

森住 卓(もりずみ・たかし)

フォトジャーナリスト

1951年 神奈川県生まれ
1983年 三宅島米軍基地問題の長期取材に入る
1988年 共著「ドキュメント三宅島」(大月書店)で日本ジャーナリスト会議奨励賞を受賞
1994年 世界の核実験場の被曝者の取材を開始
「旧ソ連セミパラチンスク核実験場の村・・被曝者のさけび」を自費出版、本の売上げで被曝者の薬代を支援
1996年 セミパラチンスクの写真で視点展「視点賞」受賞
1999年 「セミパラチンスク-草原の民・核汚染の50年」(高文研)
週刊現代「ドキュメント写真大賞」、第5回平和協同ジャーナリスト基金奨励賞をそれぞれ受賞。個展「被曝者のさけび-旧ソ連セミパラチンスク核実験場の村」(東京・銀座ニコンサロン)を開催。写真パネルを各地の公民館や平和の催しに貸し出している。同時に核実験被害の実情を講演
2000年 「民族の嘆き-コソボ1999」で写真公募展「視点」奨励賞受賞
「セミパラチンスク-草原の民・核汚染の50年」(高文研)が日本ジャーナリスト会議特別賞受賞。
2002年 「イラク-湾岸戦争の子どもたち」(高文研)
同写真展が日本、アメリカ、イギリス、オーストラリア各国内で巡回中。英語版「Children of the Gulf War」(劣化ウラン弾禁止を求めるグローバル・アソシエーション)
2003年 共著「イラクからの報告」(小学館)、共著写真絵本「私たちは いま、イラクにいます」(小学館)、「核に蝕まれる地球」(岩波書店)
2005年 「イラク 占領と核汚染」(高文研)
2007年 「20年目のチェルノブイリ」で写真公募展「視点」奨励賞受賞
2009年 「沖縄戦 集団自決を生きる」(高文研)、 シリーズ「核汚染の地球」全3巻(新日本出版社)

展示作品

カラープリント B3 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl

ページトップへ戻る