content

村山謙二 写真展


作者コメント

中国国境に接する街で撮影した写真です。国境のラインは、最初からそこにあるものとして、その地域で生活する人々からほとんど意識されることなく存在し、同時にはっきりと境界線を形成していました。撮影を続けるなかで、国境のすぐ向こう側に異なるイデオロギーを持った人間が生活している事実に触れ、国家や民族の成り立ちの複雑さを実感していきました。
この写真が、日本では意識されにくい国境の存在を考えるきっかけになればと思っています。

作者略歴

村山謙二(むらやま・けんじ) 

1982年 埼玉県生まれ
2003年 日本写真芸術専門学校卒業

展示作品

カラープリント 全紙 約30点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl

ページトップへ戻る