content

トークショー&プレゼント - 酒井駒子、山村浩二 ふたつのとびら展 ~絵本原画の魅力~

コニカミノルタプラザ特別企画 酒井駒子、山村浩二 ふたつのとびら展 ~絵本原画の魅力~

2010年10月30日(土)~11月12日(金)10:30~19:00 最終日は15:00まで/期間中無休 入場無料 10月30日(土)13:30~15:30はトークショー開催のため、ギャラリーCは入場できません。

  • 開催概要
  • 展示内容
  • トークショー&プレゼント
  • 壁紙ダウンロード
  • ふたつのとびら展トップへ戻る

トークショー&プレゼント

山村浩二氏のトークショーや開催期間中、アンケートにお答えいただいた方に酒井駒子さんすてきなポストカードをプレゼントします。(毎日先着30名様)心よりご来場をお待ちしています。

  • トークショー
  • プレゼント

山村浩二トークショー

写真 山村浩二

今回展示している絵本やアニメーションのメーキングストーリーなどをお話ししていただきます。

日時
10月30日(土)14:00~15:00
会場
ギャラリーC
定員
椅子席60名 お立ち見30名
参加方法
先着順 *開演1時間前(13:00)より、会場にて整理券を配布。
サイン会
終了後に行います。 ご参加は当日会場で絵本を購入いただいた方に限らせて頂きます。

※13:30~15:30はトークショー開催のため、ギャラリーCは入場できません。

トークショー レポート

山村浩二トークショー、開催

2010年10月30日(土)、当館ギャラリーCにて山村浩二さんによるトークショーが開催されました。国内外の映画祭で数々の栄誉に輝くアニメーション作家として、また、絵本作家として活躍されている山村さん。今回はご自身が手掛けられた絵本の制作にまつわるお話をはじめ、アニメーションと絵本の違いなどについて、約1時間じっくりと語っていただきました。

「絵本の仕事をするとは想像もしなかった」と振り返る山村さん。トークショーは、ご自身のプロフィールの紹介からスタート。とにかく絵を描くのが好きだった幼少期からアニメーション作家を志す学生時代、そして絵本を手掛けるようになった現在まで、その時々でどんなことを考えていたかなど、さまざまなエピソードを交えて語ってくださいました。

山村さんの果物シールコレクションが制作依頼に一役買った(笑)という『くだもの だもの』をはじめ、今回原画が展示された絵本シリーズ(3部作)については、具体的な制作の進め方や制作時のエピソードなどを披露してくださいました。アニメーションでも絵本でも、山村さんは日頃から“流れ”を意識し、重視していると言います。楽しい言葉遊びの文章にストーリーや場面設定を与え、“流れ”をつくることで、絵本の世界がより伝わりやすくなることを『くだもの だもの』の制作過程を例に解説してくださいました。

さらに、アニメーションと絵本の違いについても“流れ”のお話を軸に、深い考察を展開。ひとりでも楽しめるアニメーションに対し、絵本は読み聞かせなどによって親子の媒介となり、コミュニケーションを生む魅力的な部分を持っているとおっしゃっていたのが印象的で、育児を経験された山村さんならではの意見にとても共感しました。

トークショーの締めくくりは質疑応答の時間に。アニメーションと絵本の両方に熱心なファンがいらっしゃる山村さんには、参加されたお客様からさまざまな質問が寄せられました。また、トークショー終了後には当館のロビーにてサイン会が実施され、こちらも大盛況となりました。当日はたくさんのお客様にご参加いただき、ありがとうございました。

酒井駒子ポストカードブック プレゼント

毎日先着 30名様

開催期間中、アンケートにお答えいただいた方(毎日先着30名様)に酒井駒子ポストカードブック(3絵柄)をプレゼントします。


ページトップへ戻る