現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
過去の展示
2010年7月の展示
2009年度 コニカミノルタ フォト・プレミオ年度賞受賞写真展
content

2009年度 コニカミノルタ フォト・プレミオ年度賞受賞写真展


「フォト・プレミオ」は、1999年、写真制作意欲及び写真表現技術に富む若い方々に対し、作品発表の機会を提供すると共にその活動を奨励することを目的に創設されました。年4回の募集期から年間12~18名を選出し、月2名ずつ写真展を開催します。その中から、大賞1名、特別賞2名が年度賞として選出され、大賞受賞者には100万円、特別賞受賞者には各50万円(2010年度より30万円)の奨励金が授与されるとともに、翌年度に受賞発表写真展として3名による合同展が新宿・コニカミノルタプラザにて開催されます。
なお、フォト・プレミオの主催はコニカミノルタホールディングス株式会社、フォト・プレミオ事務局はコニカミノルタプラザにて運営しております。

第11回(2009年度)は、大賞に上野雅之(うえの・まさゆき)氏の「砂漠の人」が選出され、特別賞には、刑部信人(おさかべ・のぶと)氏の「comic」と石川琢也(いしかわ・たくや)氏の「南下行」が選出されました。

受賞写真展

1)受賞写真展(東京)

会期) 2010年7月8日(木)~7月20日(火)
10:30~19:00(最終日のみ15:00まで)
会場) コニカミノルタプラザ ギャラリーC
内容) 2009年度 コニカミノルタ フォト・プレミオ年度賞各受賞作品の合同展

2)授賞レセプション予定

日時) 2010年7月10日(土)16:00より
会場) コニカミノルタプラザ ギャラリーC
  • ※7月10日(土)16:00からギャラリーC においてフォト・プレミオ2009年度賞授賞式を行います。そのため一部作品がご覧頂けない場合がございますが予めご了承くださいますようお願いいたします。

大賞 上野雅之写真展「砂漠の人」

大賞作品「砂漠の人」(上野氏)は、インド西部の砂漠にある小さな村に滞在し、風土とそこに暮らす人々の姿を独自の距離感で撮影した作品です。4回にわたる滞在から生まれた映像は、端正であり内省的な示唆に富んでいます。厳しい環境に適応しつつ、人間としての尊厳を実感させる存在が静かに、そして鮮やかに表現されています。モノクローム画面に美しく捉えられた光も印象的です。

作者コメント

インド西部に広がるタール砂漠。そこで生活する村人のポートレートと彼らの生活の様子の一場面の写真を組み合わせた。これまでにタール砂漠を4度撮影し、自分自身が砂漠での生活を経験した。そして多くのことを学び、村の生活や村人への理解が深まり、信頼関係が生まれた。これらのポートレートの写真が最も村人たちに必要な写真であると私は感じている。

上野雅之


作者略歴

上野雅之(うえの・まさゆき)

1978年 東京都生まれ
2000年 城西大学経済学部経済学科卒業
2002年 日本写真芸術専門学校(夜間部)卒業
2007年 玉川大学通信教育学部初等科 卒業
2003・2005・2007年 ヤングポートフォリオ入選
2005年 富士フォトサロン新人賞
2007年 上野彦馬賞 入選
このページのトップへ戻る

特別賞 刑部信人写真展「comic」

特別賞作品「comic」(刑部氏)は、大笑いを誘うファルスではなく、くすぐりだけを目的としたジョークでもない視点が展開する作品です。一見、どこにでもありそうな日常的な光景を題材に求めながら、作者のユニークな目から見つめられるとそれらは喜劇に転じます。それは醒めたシニカルな冷笑ではなく、あくまでも明朗な笑いの図鑑になっています。

作者コメント

私たちの生活する日常は、喜劇が起こっている。カメラを持ち様々な場所に足を運ぶと、何気ない景観が目に飛び込んでくる。その瞬間に、対峙する空間から笑いの要素を見つけ出す。この世界は、とらえ方を変えるだけで笑いが生まれる。故意にふざけている写真を撮るのではなく、視点と構図で笑いを創る。途絶えることなく流れる日常の笑いを切り取った図鑑のような作品。

刑部信人


作者略歴

刑部信人(おさかべ・のぶと)

1984年 静岡県生まれ
2007年 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業
2004年 HASSELBLAD SCHOOL PHOTO CONTEST入賞
2006年 上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞
フォックス・タルボット賞 一席
2007年 Juna21入賞
このページのトップへ戻る

特別賞 石川琢也写真展「南下行」

特別賞作品「南下行」(石川氏)は、奄美から八重山までの南西諸島が作者のフィールドです。「そこにいる人々や動植物の濃厚な存在感。そして、生の強さゆえにふと姿を現す死の匂いに心の奥底で呼応した」と作者は語りますが、深い内容を持ちながらその表現の軽やかさは特出しています。常に南風(はえ)がそよぐように、穏やかな順風が色鮮やかに吹き渡ります。

作者コメント

この作品は2008年に奄美から八重山までの南西諸島の島々を南下した旅の記録です。南方特有の生の匂いが充満した光に照らされながら日中歩いていると、日常の人間界での規範や思考といったものが次第に薄れていくような感覚を覚えます。私はそのような光の力、またその世界に存在する人々・動植物の濃厚な生命感に、そして生の強さ故にふと姿を現す死の匂いに、心の奥底で呼応しながらシャッターを切っていたように覚えています。

石川琢也


作者略歴

石川琢也(いしかわ・たくや)

1977年 山梨県生まれ
2000年 立教大学経済学部卒業
2001年 旅の記録のためカメラを持ち始める
2006年 写真作品制作を始める
これまでに奄美・沖縄を中心に撮影。今後も同地での撮影を継続するとともに、対象を広げて活動中。

アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る