content

山田 昇写真展


作者コメント

文明開化をめざす明治政府の経済政策に大きく貢献した秩父の養蚕。肉体的には辛い日々であったが、新しい時代を迎える心は“自由”に向かって躍動していたにちがいない。昭和の大きな戦禍をくぐり抜け、その復活に精力的な取り組みがなされた蚕糸産業も化学繊維の登場で、その後急速に衰退していった。しかし、独特の風土と長い歴史の中に刻み込まれてきた“蚕を育てる心”は今でも山間のあちこちに散在している。
繭玉という小さいフクロに、何世代にもわたって命がけで関わってきた人々の知恵と情熱が、形を変えて、今この地の農業を必死で支えるエネルギー源になっている。
5年間の取材を通して、秩父の山間に住み続けている人々の心情に強く共感し、その生活感を記録として留めたカラー作品35枚で構成した。

作者略歴

山田 昇(やまだ・のぼる)

1942年 埼玉県生まれ
2002年 退職を機に地元の写真クラブ「KPC」に入会
2005年 写真展「Being-自己回帰線」
2008年 写真展「秩父-自然と共に生きる人々」
2009年 写真展「此岸-信仰の里 秩父」
現在 日本写真作家協会(JPA)会員

展示作品

カラープリント 半切 約35点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る