content

安田菜津紀写真展


作者コメント

カンボジア・プノンペン市ボレイケーラ地区、その一角にHIV感染者の家族が住む村があった。
緑のトタンでできた小さな長屋を、周囲は嫌悪を込めるように「エイズ村」と呼んでいた。
2009年6月、緑の村は市街から姿を消した。開発の名のもと、村人は郊外へと追いやられていた。
村人は痛みと悲しみを抱えながら、それでも小さな世界の中で、身を寄せ合いながら生きている。
人々の記憶から消し去られつつある、村人の息吹。彼らの命をそっと見つめた。

作者略歴

安田菜津紀(やすだ・なつき)

1987年 神奈川県生まれ studio AFTERMODE所属フォトグラファー/ジャーナリスト
2003年8月 「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。守るものがあることの強さを知り、彼らの姿を伝えようと決意。2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に取材を進める。

展示作品

カラープリント 全紙・B1 約35点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る