content

ワンダーアイズ写真展


「写真を撮る」という行為は、写し手の“まなざし”を映像化する最も端的な手段です。写真家・永武ひかる氏は、世界各国の自然と人々をテーマに撮影取材活動を続けるなか、2000年より世界の子供たちを対象とした写真プロジェクト「ワンダーアイズ」をスタートさせました。このプロジェクトは、子どもたちが写真を通して感動や発見をしながら、心の目を内に外に開いて感性を磨き、また、世界の子どもたちが写した写真の交流を通して、異なる文化や社会に対して心の対話を促し、地球を構成する一員としての共感を育むことを目的に活動が行われています。
コニカミノルタは、このプロジェクトの写真展開催を支援しています。

展示内容

わたしたちの地球には200近い国があり、約68億人が暮らしています。そのうち、子どもたちは約3分の1を占めるといわれています。ワンダーアイズプロジェクトは2000年より、世界の各地で子どもたちが写真を写すプロジェクトを開催してきました。紛争地や都会のスラム、北極圏からアマゾン…。さまざまな環境のもとに暮らす子どもたちが思いのままに写した写真には、家族や友だち、動物や自然とのふれあいなど、今を生きる幸せが感じられる作品が多くありました。今年2010年は国際生物多様性年。4月に実施したペルーアマゾンの子どもたちが写した写真とともに、今までにプロジェクトを実施した世界12カ国の子どもたちが写した作品から、自然とふれあう姿や小さな命の輝きを抜粋して紹介します。子どもたちの自然なまなざしを通して、地球という同じ星の上で繰り広げられる多様な営みにふれ、未来をつなぐきっかけになれば幸いです。

※ペルーアマゾンでの活動について

助成: 国際交流基金(2010年度国際交流基金の市民青少年交流の活動として渡航費等一部助成を受けて実施施しています)
後援: ペルー大使館(予定)
協賛: キヤノン株式会社

ワンダーアイズプロジェクト WONDER EYES PROJECT

ホームページ http://www.wondereyes.org (別ウィンドウで表示されます)
世界の子どもたちがカメラを手に、自らの目で世界を見つめ表現する機会を作り、異なる価値や文化、社会の理解を深める非営利のプロジェクト(代表 永武ひかる・写真家)。これまで、東ティモール、ウズベキスタン、オーストラリア、台湾、ブラジル、モザンビーク、ケニアの難民キャンプ、アイスランド、極東ロシアキューバ、インドネシア、日本などでプログラムや写真展を開催。未来の担い手である子どもたちとともに、写真を通して感動や発見をしながら、心の対話を促し、新しい時代に向けてメッセージを伝えていきます。

プロジェクト背景

2000年、"ワンダー・アイズ(WONDER EYES)"と名付けて、紛争直後の東ティモールで子どもたち100人が写真を写すプロジェクトを行なった。当時の東ティモールは、多くの家が破壊され、虐殺や暴力事件の傷跡が残っていたが、子どもたちはキラキラと目を輝かせ、思いのままにシャッターを切った。写された写真は、ピンボケだったり、ぶれてしまっていても、初めてカメラを手にした喜びがあふれ、見る人にも感動と希望をもたらした。子どもたちも自分たちで写した写真を手にして歓声をあげた。この経験を活かして、ほか地域でもこの試みを続け、新しい世界を見つめていくことにした。シルクロードの地で独立10年を迎えたウズベキスタン、先祖の大地を見直すオーストラリアの先住民アボリジニ、アマゾンからリオのスラムまで多様な南米の大国ブラジル、復興にむかう紛争から10数年を経たアフリカのモザンビーク、非日常が日常になったケニアにある難民キャンプ(大半はソマリア人)、環境先進国アイスランド、絶滅の危機にあるアムールヒョウの森の里・極東ロシア革命50年を迎えたキューバ、多様な生物が息づくインドネシアのスマトラの森やペルーアマゾン、日本…。21世紀のはじめの10年、子どもたちの瞳に写った世界を分かちあい、未来をみつめたい。
(ワンダーアイズプロジェクト代表・永武ひかる)

写真家:永武ひかる(ながたけ・ひかる)

東京都出身 ワンダーアイズプロジェクト代表。90年代は主に南米、2000年から世界を撮影取材、国際協力や交流のNGO活動にも携わってきた。
日本写真家協会、日本写真協会会員

展示作品

カラープリント 約80点他、映像を予定
ペルー(アマゾン)、東ティモール、ウズベキスタン、オーストラリア、ブラジル、モザンビーク、ケニアの難民キャンプ、アイスランド、極東ロシア、キューバ、インドネシア、日本(予定)の子どもたちが写した写真から抜粋。


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ワンダーアイズ写真展「子どもたちが写したキューバ」
ワンダーアイズ写真展「アムールヒョウの森の里~極東ロシアの子どもたちが写した世界」


ページトップへ戻る